家庭向けの電力会社の電気料金プランを比較しています


102社の電気料金プランを掲載
ダントツの掲載数No.1
エネチェンジ 61社、価格.com 56社、タイナビ 34社(9/8時点)

電気料金プランの比較 電力自由化を知る

電力自由化の制度をわかりやすく解説したり、
電力会社を選ぶのに役立つ情報を提供しています。

料金プラン掲載数はダントツNo.1
掲載料で差別しない唯一の比較サイトです
SNS等で拡散してもらえるとうれしいです

電力自由化の解説と電力会社の比較

更新情報
9/20  エネックス、厚木ガス、坂戸ガス、小田原ガスをシュミレーションに追加
電力自由化のデータを更新
9/22  乗り換えで逆に高くなった我が家の電気料金を追加
9/28 西日本電力、福岡電力をシュミレーションに追加

メディア掲載:産経新聞 週刊アスキー 週刊女性自身 日経アソシエ ほか

電力自由化を知る


制度全般について
電力自由化・新電力って何? 停電のリスクは?
乗り換えのメリット・デメリット 電力自由化で買うべき銘柄
小売自由化制度のデメリット・弊害 海外の先行事例

料金について
乗り換えでいくら安くなるの? 乗り換えで料金が値上がりするケースも

契約・乗り換えについて
どうやって契約するの? 乗り換えのメリット・デメリット
乗り換えにかかる初期費用 乗り換えに工事は必要?
賃貸住宅でも乗り換えられるの? 解約する時の違約金は?
乗り換える際の注意点 乗り換えを強要されたら(賃貸)


電力会社を選ぶ


地域別 電気料金プランの比較表

地域別に電力会社の電気料金プランを一挙に比較できます

セット割から選ぶ 発電方法から選ぶ
住宅設備から選ぶ 住居形態から選ぶ
エコな電力を選ぶ 電力会社の選び方
電力会社の口コミ・評判

その他

都市ガス自由化比較サイト

家庭のガス会社も選べる時代がやってきます! 2017年小売自由化へ

投資的節約術

これを買えば○○円節約できる!という切り口で節約術を紹介

電力自由化とは?


 抜粋して簡単に説明します。詳細な解説は電力自由化とは?にて。


いったい何のこと?

 一言で言えば、「電力会社を自分で選べるようになる」という制度改正です。
 これまでは地域ごとに電力会社が決められていましたが、
 これからはそれぞれの家ごとに好きな会社を選べるようになります。


誰が対象?

 全国ほぼ全ての家庭が対象です。
 ごく一部、対象外になる場合がありますが、賃貸も含めて対象です。

関連記事 → 賃貸マンション・アパートでも電力会社を乗り換えられるの?

何がいいの? メリットは?

 一番分かりやすいのは、電気料金が安くなるということです。
 また、どこから買うのか自由に選べる、ということ自体もメリットです。
  →例えば「環境にやさしい電気」を選ぶこともできます。

関連記事 → 電力会社乗り換えのメリット・デメリット

デメリットは?

・解約する時に違約金が発生する場合があること。
・選ぶ会社・プランによっては以前より割高になることもある。
 この2点に注意してください。どの会社を選んでも、電気の品質が変わることはありません。
 遅くとも2017年度中には倒産・撤退する新電力が出てくると思いますが、突然停電するようなことは起こらないので、ぜひ注目して見ていてください。

関連記事 → 電力会社乗り換えのメリット・デメリット

切り替えにはお金が掛かるの?

 メーターを交換する工事が必要ですが、基本的には無料です。
 数千円程度の「契約事務手数料」が発生する新電力もごく一部あります。

関連記事 → 新電力への乗り換えにかかる初期費用は?

最近あまり聞かなくなったけど・・?

 メディアで取り上げられる機会が無くなり、全く話題にものぼらなくなりましたね。
 ただ、切り替えの方は依然として低調ではありますが、この数ヶ月は同じくらいのペースで順調に(?)進んでいます。

関連記事 → 電力自由化のデータ

法人も電力自由化の対象なの?

 個人商店や事務所から、大規模な工場まで全て自由化されています。
 ただし、当サイトでは一般家庭向けのみを紹介しております。
 法人の方は他のサイトをご覧ください 相互リンクサイト: 新電力の比較(企業向け) 新電力ナビ


地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A