エコで環境にやさしい電力会社を選ぼう!【電力自由化】

電気の「作り方」にも注目!


 2016年4月から始まった電力自由化。電気料金ばかり注目されていますが、「電力会社を自由に選べる」ということのメリットは、それだけではありません。電力会社のもう一つの選び方を紹介します。


エコな電力会社を選ぶ方法


 「エコ」を見極める2つの基準があります。


電源構成(発電方法)


 「電源構成」とは、その電力会社の電気がどのような方法で発電されたものかを示す情報です。例えば、LNG火力で70%、太陽光発電で20%、風力発電で10%といった形で、供給する電力量に占める、各発電方法の割合を表します。


 残念ながら、電源構成比を開示するのは義務ではなく、各電力会社の判断に委ねられることになっています(ドイツなどヨーロッパでは開示が義務化) ですが、エコを売りにした新電力なら当然、電源構成比は自主的に開示するでしょう。この電源構成比を見ながら、「環境にやさしい」電気を選んでください。
 詳細は以下の記事で。


発電方法・電源構成で選ぶ電力会社

各電力会社の電源構成を一覧で比較できます

二酸化炭素排出係数(CO2排出係数)


 発電する時に排出した、二酸化炭素の量を示す値です。
 詳しくは以下の記事を御覧ください。


二酸化炭素排出量が少ない電力会社のランキング

CO2排出係数の説明や、電力会社ごとのランキングなど



関連記事

発電方法・電源構成で選ぶ電力会社

水力発電、火力発電、風力発電など発電方法別に選べます。

地元の電力会社「地域新電力」を選ぼう

エコな電気と、地元に雇用を生み出す「地域新電力」とは?

新電力の選び方〜選ぶポイントはここ!

新電力を選ぶ「3つの」ポイントを紹介します。

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A