バイオマス発電の電力会社

バイオマス発電の特徴

環境への優しさ
バイオマス発電は木材などを燃料にします

 建築廃材や汚泥、家畜糞など、生物(バイオ)由来のものならなんでも燃料になりうるバイオマス発電。固形燃料を燃やした時に発生する蒸気の力、または発酵メタンガスの力を利用して、発電機関であるタービンを回しています。 仕組み自体は火力発電と同じですが、植物の力を借りた「カーボンニュートラル概念」にもとづくバイオマス発電の場合、理論上のCO2排出量はゼロです。本来処分されるはずだったものが資源として生まれ変わることを考えると、他の再生可能エネルギー発電と比べても環境に優しい発電方法だといえそうですね。


価格

 ゴミすら燃料に変えてしまうバイオマス発電ですが、現状ではそのゴミを安定的に調達するのは少し難いようです。また木材由来の燃料を用いた場合の発電コストは1kwあたり17円、汚泥を燃料とする場合は40円、と使用燃料によって異なるものの発電コストは総じて高め。木材と石炭の混合燃料で発電するなどの方法も行われていますが、まだコスト的に有利だとは言えません。当面の間はバイオマス発電に低価格を求めるのは無理なようですが、今後燃料の開発や調達法が整備されれば、経済性とエコを兼ね備えた無敵のクリーン電力になるでしょう。


購入できる電力会社

 現在バイオマス発電由来の電力を取り扱っている新電力は増えてきています。中でも自社設備を所有している「F-Power」「ミツウロコグリーンエネルギー」「サミットエナジー」などでは、特にバイオマス発電に力を入れているようです。




関連記事

環境にやさしいエコな電力会社

再生可能エネルギーを選べるエコなプランを一覧で紹介しています

地元の電力会社「地域新電力」を選ぼう

エコな電気と、地元に雇用を生み出す「地域新電力」とは?

発電方法で選ぶ電力会社

水力発電、火力発電、風力発電など発電方法別に選べます。

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A