石炭火力発電の電力会社

石炭火力発電の特徴


環境への優しさ

 日本から最後の大規模炭鉱が消えた10年前、「石炭の時代は終わった」というイメージを持った方もいるかもしれません。


 ですが、いまだに日本の電力の20%相当はこの石炭火力発電によって作られています。かつての石炭火力発電は副産物として硫黄硫化物や窒素酸化物を生み出し、燃焼時に排出するCO2は主要な発電方法の中でもっとも高い、ととても環境に優しい発電方法とはいえませんでした。


 とはいえ現在の技術では大気中に放出される有害物質の90%削減に成功し、発電効率を高めることで相対的なCO2排出量減少も実現させています。このことから考えると、石炭火力発電は昔に比べるとずいぶん環境に優しい発電方法になったと言えそうです。


価格

 発電効率や有害物資の除去技術がここまで追求されてきたのは、やはり石炭火力がコスト的に優れた発電方法だからでしょう。液状化された状態で輸入されるガスや石油に比べると、固形物である石炭の輸送コストはどうしても割高になりますが、それでも単純な燃料費はガスの半分、石油の20%程度です。


 埋蔵量も豊富で今後100年以上枯渇の心配がない石炭火力発電由来の電力は、これからも安定した低価格に期待できます。


購入できる電力会社


「ベース電源」と位置づけられているため、基本的にどの電力会社の電気を買っても多かれ少なかれ石炭火力発電の電気が含まれます。




関連記事

環境にやさしいエコな電力会社

再生可能エネルギーを選べるエコなプランを一覧で紹介しています

地元の電力会社「地域新電力」を選ぼう

エコな電気と、地元に雇用を生み出す「地域新電力」とは?

発電方法で選ぶ電力会社

水力発電、火力発電、風力発電など発電方法別に選べます。

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A