地熱発電の電力会社

地熱発電の特徴

環境への優しさ
日本でも有望な地熱発電

 「蒸気でタービンを回転させ発電する」という仕組みは火力発電と同じながらも、地熱発電は圧倒的に環境に優しい発電方法。地下の熱を取り出して蒸気に変換しているので発電時のCO2排出量はゼロ、そして設備稼働時にもほとんどCO2を排出しません。また、発電時に使われた蒸気を冷却したのち水に変換、再び蒸気を冷却するために使うなど、どこまでもエコな仕組みになっています。ただし、地熱を取り出せるのは天然の噴気孔や温泉火山などの自然環境に恵まれた場所。これまで放置されていた自然の恵みを活かすという点でも環境に優しいと言えますが、地元の方にとっては発電設備建設で景観が損なわれないかどうか少し気にかかるかもしれません。


価格

 比較的設備投資や維持にかかる費用が少なくて済む地熱発電は、太陽光発電や大型水力発電などと比べてコストはかなり低くなっています。また、コスト・環境両面への配慮から広く使われているLNG火力発電と比べても少し割高な程度。将来的には燃料価格高騰がコストに跳ね返るこれらの火力発電や、数兆円の廃炉費用がかかってくる原子力発電よりもコスト的に有利な発電方法になるでしょう。地熱発電由来の電力は長期にわたって安定した低価格に期待できます。


購入できる電力会社

 最大15か所まで地熱発電所を増やす見込みの「オリックス」や、「イーレックス」「エネット」などの大手新電力でも取り扱っているようです。




関連記事

環境にやさしいエコな電力会社

再生可能エネルギーを選べるエコなプランを一覧で紹介しています

地元の電力会社「地域新電力」を選ぼう

エコな電気と、地元に雇用を生み出す「地域新電力」とは?

発電方法で選ぶ電力会社

水力発電、火力発電、風力発電など発電方法別に選べます。

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A