石油火力発電の電力会社

石油火力発電の特徴

環境への優しさ

 日本の火力発電のうち4割をも占める石油火力発電、当然その燃焼時に排出するCO2の量は無視できません。CO2排出量だけ見ると圧倒的に多い石炭火力発電の場合は、発電効率などの技術を高めることで環境へ与える影響を最小限に抑えようとしています。また、ガス火力ではもともと石油火力より数割少ない量のCO2しか排出しません。それらと比べると、石油火力発電はあまり環境に配慮されていない発電方法だと言えそうです。風力や水力などの環境にほとんど影響を与えない再生可能エネルギー利用発電と比べればなおさらです。


価格

 石油火力発電の勢いが世界的に衰えてきているのは、「石油が限りある資源である」という環境への配慮、そしてその価格が年々上昇しているせいでもあるのです。石油火力発電は、天然ガスや石炭を燃料にする火力発電と比べると3倍以上のコストがかかります。将来的にはどの燃料も高騰する見込ですが、特にその割合が高くなる石油火力の発電コストはさらに割高になるでしょう。石油火力発電は、環境的にもコスト的にもそぐわない過去の発電法になりつつあります。現在、日本でも石油火力発電所の新設が禁止されているため、石油火力はそれ単体ではなく石炭などと組み合わせて使われるケースがほとんどです。


購入できる電力会社

 「伊藤忠エネクス」、「サミットエナジー」、「ダイヤモンドパワー」などで購入できます。




関連記事

環境にやさしいエコな電力会社

再生可能エネルギーを選べるエコなプランを一覧で紹介しています

地元の電力会社「地域新電力」を選ぼう

エコな電気と、地元に雇用を生み出す「地域新電力」とは?

発電方法で選ぶ電力会社

水力発電、火力発電、風力発電など発電方法別に選べます。

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A