水力発電の電力会社

水力発電の特徴

環境への優しさ
年間を通じて安定して発電できる水力発電

 水の落下パワーを利用した水力発電は、発電時のCO2排出量ゼロ!の環境に優しい発電方法です。かつて主流だった「ダム式水力発電設備」の場合、建設時に周囲の環境に与える影響は無視できないものでした。ですが、今後主流になってくるのはそういった大がかりな設備をほとんど必要としない「小水力発電」。河川や農業用水路、ビルの循環水など、ありとあらゆる水を利用して電力に変えるさらにエコな発電法です。また出力1000Kw以下とやや小規模なこの小水力発電は、町おこしや地元再生を狙う地方自治体にとってはただの発電設備以上の意味を持っているようです。


価格

 「クリーンな電力は高い」というイメージがあるかもしれませんが、それは初期投資回収に時間がかかる太陽光発電や、燃料の安定供給が難しいバイオマス発電の場合です。枯渇することのない水資源を潤沢に使える水力発電のコストは1Kwあたり19円、とそれらに比べれば安くなっています。そして条件さえ整えば最高80%という高い発電効率を発揮しますので、基本的にコストパフォーマンスは高い発電法です。また、燃料費や環境対策費がほとんどかからないことを考えると、将来的には燃料高騰が心配されているガス発電や石炭発電よりも有利な価格になりそうです。


購入できる電力会社

 「伊藤忠エネクス」や「ダイヤモンドパワー」、地域自治体の新電力事業をサポートする「鈴与商事」などで取り扱っています。 




関連記事

環境にやさしいエコな電力会社

再生可能エネルギーを選べるエコなプランを一覧で紹介しています

地元の電力会社「地域新電力」を選ぼう

エコな電気と、地元に雇用を生み出す「地域新電力」とは?

発電方法で選ぶ電力会社

水力発電、火力発電、風力発電など発電方法別に選べます。

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A