空き家におすすめの電力会社-電力自由化でお得?

空き家の維持コストを下げる

 日本にある空き家の数は、なんと820万戸。その数は今後もますます増加していくと言われています。
 そんな空き家でも、清掃などのために電気の契約を維持しているケースは多いでしょう。少しでも維持費用を減らすため、電力自由化を機にお得な新電力への乗り換えを検討している人もいるかと思いますので、空き家の電力会社選びを説明します。


まずやるべきこと

契約A(アンペア)の見直し

アンペア数を見なおそう  そこで暮らす予定が当分無いのであれば、まずはアンペア数の見直しを行ってください。誰も暮らしていない家で40Aも50Aも必要ありません。掃除機と明かりを使うだけなら、15Aもあれば充分です。この見直しをするだけで、年間8400円の節約(40A→15A:東電の場合)になります。
 なお、関西電力など一部地域ではアンペア指定の契約はありません。


不要ならブレーカーは落とす

 常時通電しておく必要が無いのであれば、ブレーカーは落としておきましょう。
 1ヶ月の間に電気を全く使わなければ、「最低月額料金」という料金が適用され、とても安くなります。例えば東電の場合は230.86円ですから、15Aの基本料金より更に200円/月近く安いです。漏電による火災などのトラブルも防げるので一石二鳥です。防犯のために明かりを点けておきたいとか、給湯器の凍結防止などの諸事情を考慮して判断してください。


乗り換えは不要

 では、どこの電力会社を選ぶのがよいのでしょうか?
 私のおすすめは、今まで使ってきた地域の電力会社(東電や関電など)を使い続ける、という選択肢です。電力自由化で選べるようになった新電力各社では、電気の使用量が少ない世帯がお得に使えるプランは皆無です。一人暮らしの世帯ですら、選択がほとんどありませんから、更に使用量が少ない空き家ではなおさらです。


少しでも安くしたいなら

 年間で数百円でもいいから節約したい! という人には、HTBエナジーがおすすめです。地域の電力会社よりも、最低で5%安くなります。空き家におすすめの10A、15Aの契約も可能です。


最低料金0円の会社

 Looopでんきは最低料金が0円です。つまり、電気を全く使わなかった月は全くお金がかからない、ということです。
 また、事情があって「アンペアを下げられない」そして「ブレーカーを落とすことが出来ない」場合も、かなりお得です。基本料金が0円なので、使用量が少なくても30A以上の契約なら大手電力会社よりお得な料金になります。




関連記事

空き家管理・巡回代行サービスの比較

空き家にお困りの方に。姉妹サイトです

セット割でお得に選ぶ電力会社

ガスや携帯電話料金とセットでお得になる新電力

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A