賃貸マンション・アパートでも電力会社を乗り換えられるの?【電力自由化】



 「うちは賃貸だから、電力会社を乗り換えられないんじゃないの?」
「電力自由化って、持ち家の人だけの話じゃないの?」


 と思っている人も多いのではないでしょうか。



賃貸マンション・アパートでも「基本的には」OK


 賃貸のアパートやマンションのお住まいの人でも、
基本的には電力会社を自由に選べるようになります。


 ネット回線のプロバイダーをイメージしていただくと分かりやすいと思います。既にネットが開通している物件なら、プロバイダーは住民が自由に選べますよね。管理人さんや大家さんの許可を得る必要はないはずです。


 電力もそれと同じで、既に敷かれている電線をそのまま使うので、大掛かりな工事は必要ありません。電線の中を通ってくる電気の出元が変わるだけなので、特に許可などは必要ありません。


メーター交換工事も大丈夫

メーター交換工事も問題なし

 乗り換えにあたって、最初の乗り換え時に「スマートメーター」への交換が必要になりますが、これも問題ありません。メーターは電力会社の所有物ですし、交換作業自体も日常的に行われていることなので、問題になることはまず無いです。


 また、既にスマートメーターが設置されている物件では、メーター交換工事すら必要ありません。


 詳細記事:新電力への乗り換えは工事が必要?
 ※ちなみに、2026年までに全てのメーターがスマートメーターに切り替わることになっています


大家さん・管理会社に聞きました


大家さん、管理会社の許可は?


 都内で100戸以上のマンションやアパートを所有・管理している私の親族(江戸時代からの地主)に話を聞きましたが、「メーターの交換なんて勝手にやっているだろう 連絡が来たことは無い」と言っていました。


 また、私が暮らす賃貸マンション(前述の親族所有)でもメーター交換工事が行われましたが、大家さん・管理会社はおろか私自身にすら一切事前連絡なく工事が行われました(旅行で一週間家をあけていたせい・・?)


 なので管理会社や大家さんの許可は不要ですし、もちろん退去時もそのままでOKです。(契約は自分で解除してください!)
どうぞ安心して乗り換えてください。




電力会社を乗り換えられない場合もある


 基本的には、賃貸マンション・アパートでも電力会社を自由に選べるようになります。しかし、いくつかの条件下では、電力会社を乗り換えることが出来ません。


一括受電契約になっている場合


 大規模分譲マンションでしばしば見られるケースですが、電力自由化を前にマンション丸ごと新電力と契約しているケースがあります。こうした一括受電をしている物件では、各家庭が自由に電力会社を選ぶことができません。


 一括受電の方が、戸別に新電力と契約するよりも安く場合もあるため、一概に「損をしている」とは言い切れません。ですが、特に新電力の競争が激しい関東・関西エリアで、かつファミリー世帯の方は戸別に乗り換えた方が安くなるケースも多いです。


 お住まいの建物で一括受電の導入を検討している場合は、慎重に検討してください。一括受電は契約期間が10年以上と長いので、辞めるのも大変です。


大家さんが一括徴収している場合


 最近はあまり多くないと思いますが、大家さんが電気料金を徴収している賃貸住宅もあるようです(古いアパートや下宿など) こうしたケースも、自分で電力会社を選ぶことはできません。


賃貸マンション・アパートにおすすめの電力会社


 賃貸のマンションやアパートでも電力自由化の恩恵を受けることが出来る、というのはご理解いただけたと思います。続いて賃貸におすすめの電力会社を紹介します。


二人以上の世帯に


 2人以上の世帯におすすめなのはLooopでんきです。


Looopでんき


 基本料金が無料なので、特に契約アンペア数が大きいご家庭でお得に使える電力会社です。賃貸のマンションやアパートは使用量が戸建てと比べて少なくなりがち(断熱性などが要因)である一方アンペア数は小さくないため、Looopでんきのメリットを得やすいです。


Looopでんき公式

一人暮らし世帯には


 一人暮らしや二人暮らしなど、使用量の少ない世帯におすすめの電力会社を紹介します。


HIS系のHTBエナジーが一人暮らしにおすすめ


 使用量が少ない世帯には大手旅行代理店エイチ・アイ・エスの系列の「HTBエナジー」がおすすめです。使用量が少ない世帯がお得に使える新電力です。


 使用量が少ない世帯は新電力に乗り換えると逆に割高になることも多いですが、HTBエナジーは「一律5%オフ」(一部地域を除く)なので一人暮らしや二人暮らし世帯に唯一おすすめできる新電力です。


HTBエナジーの公式サイトを見る

乗り換えを強要されるケースも


 電力会社を自由に選べるようになったと思ったら、大家や管理会社から電力会社の切り替えを強要されるケースが多発しています。以下の記事にその対応策をまとめたので、お困りの方はこちらを御覧ください。


大家/管理会社から電力会社の切り替えを要求・強制された場合の対処法

経産省の回答などを元に、対応策を指南します

大家さん・管理会社さんへ


 宅建業法により、所有・管理する物件の「飲用水・電気・ガスの供給施設および排水施設の整備状況」を把握し、重要事項説明書などに盛り込む必要があります。電力自由化で入居者が電力会社を乗り換えることで、把握が難しくなるという問題が生じます。


 この件に関して、経済産業省では以下のように回答しています。


ここで説明が求められる事項は、電気・ガスの供給施設の整備状況の有無であり、個々の不動産に係る電気・ガスの契約先の説明は必ずしも求められません。今般の電気事業法改正により一般家庭でも小売電気事業者を選択することができることとなりましたが、宅建業法上の重要事項として説明すべき内容に影響はありません。


引用元:よくある御質問とそれに対する考え方について(経済産業省)


 つまり、入居者がそれぞれ電力会社を乗り換えたとしても、それを一軒一軒把握しておく必要は無い、ということです。




お得な電力会社を選ぼう!

地域別おすすめ新電力 料金プラン比較

地域別に新電力の料金プランを一挙に比較できます
関東地方の電力会社の料金ランキング

東京電力エリアにおすすめの電力会社

関東地方の新電力の料金を一挙に比較できます
近畿地方の電力会社の料金ランキング

関西電力エリアにおすすめの電力会社

関電エリア内の新電力の料金を一挙に比較できます
東海地方の電力会社の料金ランキング

中部電力エリアにおすすめの電力会社

東海地方の新電力の料金を一挙に比較できます

セット割でお得に選ぶ新電力

ガスや携帯電話料金とセットでお得になる新電力

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A