小規模オフィス・事務所におすすめの電力会社【お店・事務所】

小規模オフィス・店舗も自由化の対象


 2016年4月の「電力小売完全自由化」以前でも、6000V以上の「高圧」もしくは「超高圧」と呼ばれる電力契約は自由化されていました。しかし、6000Vを越える契約は中層ビルやスーパーなど比較的大規模な需要家向けのもの。規模の小さな商店や事務所は対象外でした。


 今回実施される電力の「完全自由化」では、一般家庭と同様に小規模なオフィスや店舗も対象としています。6kVAを越える「従量電灯C」や、エレベーターなどの動力用電源として使われる「低圧電力」の契約も自由化の対象です。既に多くの新電力が対応しているプランを発表しています。


経費削減の強い味方

コンビニの電気代も月1.5万円安くなる  電力自由化では、魅力的な料金プランの「新電力」を選べるようになります。使用状況やプランにもよりますが、数%程度の電気料金削減が可能なケースが多いです。


 例えば、コンビニ一店舗で毎月の電気代は30万円以上かかると言われています。新電力への乗り換えで仮に5%節約出来たとすると、毎月1.5万円もの経費削減につながります。年間では18万円もの経費を圧縮出来ます。


変わるのは電気代だけ!

 電力自由化では、新規参入の「新電力」を選んでも、停電が増えることはありません。周波数や安定性の面も、これまでと全く変わりません。電気の品質に影響が出ないよう、制度の中で保護策が設けられています(参考: 新電力に乗り換えても停電しないの?


 また、乗り換えにあたって新たな設備投資が必要になるケースは稀です。これまで使っていた設備をそのまま使います。初期投資も必要ありません。


法人におすすめなのは?


 当サイトは主に家庭向けの電力会社を紹介するサイトですので、申し訳ございませんが法人向けは専門外です。法人契約でお探しの方は新電力NAVIなど他のサイトを参考にしてください。


新電力NAVI



関連記事

新電力ってお得なの?

新電力の電気料金をシミュレーションしてみます。

新電力の選び方〜選ぶポイントはここ!

新電力を選ぶ「3つの」ポイントを紹介します。

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A