別荘・セカンドハウスにおすすめの電力会社【電力自由化】

別荘・セカンドハウスの電力会社選び

 別荘やセカンドハウスといった、普段居住しているのとは別の建物でも、電力会社を自由に選ぶことが出来ます。しかし、選ぶ上でいくつかの注意点があるので、慎重に判断してください。まず注意事項を説明した上で、おすすめの電力会社を紹介します。


注意点

使用量によっては乗り換えない方がお得

乗り換えない方がお得な場合も  電力自由化では、使用量が多い世帯ほど「お得率」が高まるプランが多いです。逆に、一人暮らしなど使用量の少ない家庭では、乗り換えた方が逆に割高になる可能性が高いです。(参考: 一人暮らしの人におすすめの新電力


 別荘やセカンドハウスでは、電気の使用量は少なくなりがちです。週末だけの利用だったり、夏の数ヶ月間だけしか使わないという人も多いでしょう。使用量が少なくてもお得になる電力会社を選ぶようにしてください。


「最低料金」に要注意

最低月額料金に要注意  電気の契約には、「最低月額料金」というものがあります。これは電気を全く使わなかった時に適用されるもので、例えば東京電力では230.86円という価格です。ブレーカーを落としっぱなしにしていた月は、この金額が適用される可能性が高いです。


 1年の間で数ヶ月しか使わない別荘で、ブレーカーを落としっぱなしにしているケースもあると思います。その場合は「最低料金」も考慮に入れて考える必要があります。


おすすめの電力会社は?

Looopでんき  別荘やセカンドハウスにはLooopでんきがおすすめです。Looopは基本料金が0円であるため、使用量の多寡に関わらず大幅な値引きが期待できます(※ただし東電、中部電力エリアの20A以下の契約では割高になる可能性大) 最低月額料金も「0円」であるため、ほとんどの別荘やセカンドハウスにとって最も理想的なプランと言えます。


 別荘ではあまり無いと思いますが、もし契約アンペア数が「20A以下」の場合はHTBエナジーを検討してください。こちらは20A以下でも安くなります。30A以上の場合は、Looopの方がお得になる可能性が大きいですが、使用量が多い場合(東電エリア/40A/月240kWh以上)はHTBの方がお得です。使用量とアンペアと相談してください。




関連記事

セット割でお得に選ぶ新電力

ガスや携帯電話料金とセットでお得になる新電力

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A