共働きの二人世帯におすすめのお得な電力会社

共働き二人世帯の電気代を安くするには?


 最近は女性の社会進出が進み、夫婦共働きという世帯が年を追うごとに増加を続けています。


 そうした共働き世帯では、昼間誰も家に居ないからこそ選べる「お得な」電気料金プランのメリットを最大限に享受することができます。共働き世帯の電力会社選びを解説します。



夜間の電気代がお得なプランを選ぼう


 一部の新電力では、昼間の料金単価を高くする代わりに夜間の料金を安く抑えたプランを提供しています。こうした「夜間割引プラン」は共働き世帯の電気代を抑えるのに効果的です。


夜間割引プランがある新電力は


 夜間割引プランがある新電力を紹介します。


供給地域
昭和シェル石油 関東
HTBエナジー
(ママトクコース)
全国(沖縄などを除く)
洸陽電機 北海道、沖縄などを除く全国

 会社によって料金単価が違うのはもちろん、安くなる時間帯も異なります。自分たちのライフスタイルに遭った会社を選びましょう。


乗り換える前の注意点


 夜間割引プランなど時間帯によって料金単価が変わるプランを契約する際には、通常のプランと比べて更に注意が必要です。


 昼間家を空けがちな共働き世帯ではお得に使える場合もありますが、こうした時間帯別の料金プランは「95%の家庭で割高」という調査結果もあります。


 乗り換えるにあたっては、自宅の30分ごとの電気使用状況をスマートメーターから取得し、そのデータを元にシミュレーションを行うことをおすすめします。データは「見える化サービス」を利用できる新電力と契約すると、ウェブで簡単に確認できます。


 比較サイトの簡易的なシミュレーションの結果を鵜呑みにするのはおすすめしません。




選ぶのが面倒なら「一日中」お得な新電力を


 私も自宅のデータで夜間割引プランの料金を試算した経験がありますが、Excelを作るところからデータを打ち込むところまで30分以上掛かりました。かなり面倒です。


 そうした面倒な作業が嫌だ、という人には夜間割引が無くても「一日中」お得に使える料金プランを選ぶことをおすすめします。これなら月ごとの使用量から試算するだけなので、簡単です。


 参考まで、共働きの二人世帯におすすめの電力会社を紹介します。


HTBエナジーがおすすめ


 HTBエナジーは大手旅行代理店のエイチ・アイ・エスの系列の新電力です。大手電力会社と比較して「一律5%オフ」の料金プランを掲げています。


HIS系のHTBエナジーが一人暮らしにおすすめ


 二人世帯、特に共働き世帯だと電気の使用量が少なくなりがちで、そうすると乗り換えでほとんど安くならないか、大手電力会社より割高になってしまう新電力も少なくありません。


 HTBエナジーはそうした使用量の少なくない世帯でもお得に使えるので、安心して契約できます。電気使用量の「見える化サービス」も提供しているので、夜間割引プランに乗り換える下準備としてもおすすめです。


HTBエナジーの公式サイトを見る

関連記事

時間帯別・ピークシフト料金プランで選ぶ新電力

時間帯別の料金プランの紹介

夜間割引でお得な新電力のランキング

昼間、家をあけていることが多い人にはこちらがおすすめ


地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A