電力自由化で選ばれているのは? 新電力の人気ランキング

独自集計 新電力の人気ランキング


新電力の人気ランキング  当サイト経由でお申込み頂いた、新電力(家庭向け)の人気ランキングを発表します。実際に申込みが行われた件数を集計しているので、どの会社が選ばれているのか一目瞭然です。


順位 社名 主な供給地域 コメント
1位 HTBエナジー ほぼ全国 圧倒的な申込み件数
世帯数が多い一人暮らしと
二人暮らし世帯にお得なプランが奏功
2位 ENEOSでんき 関東 石油元売り最大手の安心感
積極的な宣伝活動が勝因
3位 東京電力EP 関東・中部・関西 関西向けの爆安プランで集客か
4位 ソフトバンクでんき 北海道・関東・中部・関西 東電と同じく
5位 洸陽電機 ほぼ全国 ネットを駆使した宣伝戦略の影響か
6位 エネワンでんき ほぼ全国 泉ピン子起用のCM効果?
7位 じぶん電力 ほぼ全国 太陽光発電の設置費用ゼロ円
8位 イーレックス ほぼ全国
9位 東北電力 関東・東北
10位 昭和シェル 関東

・注釈
 当サイト経由で申込みが可能な14社を集計
 集計期間は2016年9〜10月の2ヶ月間


解説


エイチ・アイ・エスの「たのしいでんき」  電力自由化自体が下火であるため、全体として申込み件数は寂しい状況ですが、上位3社は健闘しています。特に1位のHTBエナジーは、2位以下と「圧倒的な差」をつけて1位になっています。


 他の電力比較サイトではLooopでんきが人気だそうですが、分かりやすい料金プランを提示している新電力に人気が集まる傾向があると言えそうです。HTBは「大手電力より一律5%オフ」、Looopは「基本料金なし、1Kwhあたり一律○円」というプランで非常に分かりやすいです。


 電力自由化が盛り上がっていない原因として、「プランが複雑で分かりにくい」という声もあります。新電力の皆さんにはぜひ分かりやすいプランを提示していただきたいです。




関連記事


電力自由化のデータ

全体の乗り換え件数などを集計

地域別 電気料金プランの比較

地域ごとに電気料金プランを一挙に比較できます

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A