ガソリン代が安くなる電力会社【セット割引】

電気を契約してガソリンを安くしよう!

 電力自由化によって、様々な「セット割引」が注目されています。ガソリンと電気のセット割もその一つです。いったいどんなサービス内容なのか、どんな人におすすめなのか詳しく解説していきます。


各社の割引内容
サービス名 提供エリア 割引内容
ENEOSでんき 東電管内 ガソリン/軽油/灯油が
リッター1円引き 月150Lまで
昭和シェル石油 東電管内 ガソリンがリッター10円引き
軽油は5円引き 月100Lまで

 いずれも東電エリア内からの展開となりますが、徐々に提供エリアが全国に拡がっていく予定です。関東以外にお住まいの皆さんはしばらく様子見でいることをおすすめします。また、参入企業も増えていきます。石油会社系ではエッソやモービルなどを運営する東燃ゼネラル石油も、電力小売に参入しており、セット割引を追加してくる可能性が高いです。


適用条件にご注意

 会社ごとに、割引の適用条件が違う点にも注意してください。
 ENEOSでんきでは、支払いにENEOSカードを使わないと割引が適用されません。なお、ENEOSカード自体に給油がリッター1〜7円安くなるサービスがありますが、これに上乗せする形で割引を受けられます。
 昭和シェルについては、電気契約時に登録したクレジットカード(何でもOK)で給油すると、上記の割引が適用になります。シェルカードには元々、ハイオクがリッター4〜13円、レギュラーが2〜8円引きになるサービスがありますが、これに加算する形での割引も可能です。


電気料金は?

 ガソリンの値引きにばかり注目しがちですが、電気料金も大事です。世帯人数別に東電の現行プランと比べてみましょう。


1人 2人 3人 4人
ENEOSでんき
(2年契約)
-0.7%
-334円
-6.8%
-7580円
-7.7%
-9997円
-8.3%
-12519円
ENEOSでんき +0.1%
+72円
-6.1%
-6749円
-7.0%
-9063円
-7.6%
-11476円
昭和シェル石油 +18.7%
+9240円
-0.3%
-312円
-0.3%
-331円
-0.2%
-300円

ズバリおすすめは?

ガソリンでおなじみのENEOS  昭和シェルのセット割引は魅力的ですが、一般家庭では「電気料金」がほとんど安くならないので、トータルでは他の電力会社を選んだ方がお得になります(走行距離が多くても、です) 逆に、ENEOSは電気料金が関東で最安値レベルですが、セット割は最大でも月150円と少なめ。ガソリンのセット割引はオマケ程度のものと考えて、契約するといいでしょう。



 

関連記事

関東地方の電力会社の料金ランキング

東京電力エリアにおすすめの電力会社

関東地方の新電力の料金を一挙に比較できます

セット割でお得に選ぶ新電力

ガスや携帯電話料金とセットでお得になる新電力

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A