ガソリン代が安くなる電力会社【セット割引】

電気を契約してガソリンを安くしよう!


 電力自由化によって、様々な「セット割引」が注目されています。ガソリンと電気のセット割もその一つです。いったいどんなサービス内容なのか、どんな人におすすめなのか詳しく解説していきます。



各社の給油特典の一覧


 大手の「セット割引」の特典を紹介します。
 なお、コスモ石油と出光は家庭向けの電力に参入していないためセット割引もありません(地場のスタンドが提供している場合はあります)


サービス名 提供エリア 割引内容
ENEOSでんき 東電管内 ガソリン/軽油/灯油が
リッター1円引き 月150Lまで
昭和シェル石油 東北、関東、中部
中国、九州
ガソリンがリッター10円引き
軽油は5円引き 月100Lまで

 それぞれ詳しく説明します。


ENEOSでんき


 ENEOSでんきの給油特典は、予め登録した「ENEOSカード」を使ってスタンドで給油をすると、リッター1円の割引(月150Lまで)があります。現金払いや他社クレジットカードでの支払いでは適用されません。


ENEOSでんき


 給油の特典はあまりインパクトは大きくありませんが、電気料金の水準は関東地区で「かなり安い」ので、トータルで見るとお得に使えます。サンデードライバーにおすすめです。


 給油特典、安い電気料金に加えてENEOSカード自体にも給油が割引になる特典があるので、組み合わせるとかなりお得になります(カードについては後半で解説)


公式サイト(申込み)

昭和シェル石油


 昭和シェル石油の電気を契約する際に登録したカード(シェルのカードでなくてもOK!)を使って、シェルのスタンドで給油をするとガソリンがリッター10円引き(月100Lまで)になります。


昭和シェル石油


 電気料金は乗り換え前とほぼ変わらない(一人暮らし世帯ではむしろかなり割高なので注意)ですが、給油量が多い場合はトータルでかなりお得に使えそうです。


 ENEOSと同様に、シェルのカードを使うと更にお得になります。解説は後半で。


公式サイト(申込み)

給油特典のあるクレジットカードもおすすめ


 上でも触れたように、ガソリンスタンド各社のクレジットカードを使うと、普段の給油がとてもお得になります。以下で詳しく紹介します。


ENEOSカード


ENEOSカード


 ENEOSカードは3種類あります。


 私のおすすめは「ENEOS CARD S」で、このカードはENEOSで年1回以上利用すれば年会費が無料。また、ENEOSでの給油がリッター2円引きになります(ENEOSでんきの割引と合わせると3円引き)


 それに加えて
・レッカー移動10Kmまで
・路上での修理(30分以内)
 上記のロードサービスが無料で付きます。


公式サイト(申込み)

シェルカード


 シェルスターレックスカード


 シェルの「スターレックスカード」は税別1250円の年会費が掛かる(初年度無料)ものの、ENEOSカードよりも給油特典が大きいです。


 カードの利用金額によって割引額が変わりますが、最低でもハイオク3円/L、レギュラー・軽油1円/L引きになります。6ヶ月で12万円(シェル以外での利用もカウント)使えば、5円/L引き(ハイオク)になります。


シェルスターレックスカードの特典


 また、明細をWEBで確認するのに切り替えると更にリッター1円引きに。もちろん昭和シェル石油の電気にある「リッター10円引き」の特典と組み合わせることができるので、給油が断然お得になります。


公式サイト(申込み)

 

関連記事


関東地方の電力会社の料金ランキング

東京電力エリアにおすすめの電力会社

関東地方の新電力の料金を一挙に比較できます

セット割でお得に選ぶ新電力

ガスや携帯電話料金とセットでお得になる新電力

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A