光回線と電力のセット割引【ネット/プロバイダー】

光のネット回線と電気がセットで割引に

 電力自由化では、電気と様々な商品の「セット割引」が注目されています。その一つとして、ネット回線(光)も注目されています。大手プロバイダーを中心に、新電力各社と提携するのが既に「当たり前」になっていますから、きっと今お使いのプロバイダーもセット契約に切り替えることが出来るでしょう。
 このページでは、そんなネットと電気のセット契約プランの紹介や、メリット・デメリットを紹介していきます。


ネット+電気セット割の一覧
プロバイダー 電力会社 割引金額
OCN 東京ガス 毎月100〜300円引き
Yahoo! BB ソフトバンクでんき 毎月100〜300円引き
BIGLOBE 東京ガス 毎月200〜300円引き
So-net 東京ガス 毎月200円引き
plala 東京ガス 毎月100円引き
eo光 eo電気 毎月648円引き
au one auでんき 未定

光回線と電気代のセット割引のメリット

 光回線と電気代をセットで契約することには、「割引による節約効果」と「引き落としの一体化」という点でメリットがあります。
 まず「割引による節約効果」は文字通り、割引を受けることで家計の支出を下げることができます。割引はネットの利用料と電気代の合計に対して適用されますが、支出全体でみれば同じことです。
 次に「引き落としの一体化」ですが、現状では電気代とネット利用量は別の企業に支払っています。引き落とし日も違い、支払先も異なるので、家計を管理する側としては支出の管理が面倒になります。電気もネットも同じ企業と契約することで、支払先が同じ企業になり、引き落としも一体化されることで家計管理が楽になります(※一体化できない会社もあります)


デメリット

 契約が複雑になるという点は見逃せません。解約条件(違約金など)や割引の適用条件、契約期間の3点は必ず確認した上で契約することを強くおすすめします。もともとネットやプロバイダーの契約はとても複雑な内容になっているので、そこに電気が加わると更にややこしくなって「わけがわからない」状態になります。「トリプルセット割」などと言ってお得感を強調されていますが、後で損をすることのないように気をつけたいものです。




関連記事

セット割でお得に選ぶ新電力

ガスや携帯電話料金とセットでお得になる新電力

新電力の選び方〜選ぶポイントはここ!

新電力を選ぶ「3つの」ポイントを紹介します。

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A