スーパーの買い物がお得になる電力会社【セット割引】

食品スーパーで電気を買う時代に?

 2016年4月からの「新電力(各企業が電気の小売りを始める)」に向けて、各企業が様々なサービスの提供予定を発表したり、新たに提携した旨を発表しています。
 そんな中、食品スーパーで電気を小売りするという動きがみられています。とは言え、乾電池のように物理的に何かを買い入れるということではなく、スーパーマーケットが電気の小売りの窓口になるということです。既存のように、コンセントと電線から電気が供給されるという仕組みは同一です。食品スーパーを経営する企業は、提携している発電事業者によって電気を供給しており、単一の発電事業者ではなく複数の事業者からの供給になるので、発電所のトラブルによる急な送電ストップはありません。


そのメリットとは?

 新電力において、参入する各企業では自社の提供する様々なサービスとのコラボレーションを考案しています。スーパーでの電気の小売りについては、「会員割引」「ポイントサービス」「プレゼント」等のサービスが予想されます。こうしたサービスは、スーパー側にとっても新規の顧客の獲得において効果を発揮するため、特に地場の中小スーパーでの新電力参入と、独自のサービスに躍起になることが予想されます。消費者側としては、何らかの形で生活に直結する「食品スーパー」での恩恵を得られることから、節約効果は極めて高いと言えます。既にポイントサービスを提供しているスーパーであれば、より多くのポイントを貯めやすくなることが予想されます。


今後も増えていくのか

 地場の中小スーパーは、電気の小売りを通じて新たな顧客の獲得と、既存客の抑えこみを行うことが予想されます。全国に基盤を持つ大手チェーン店に比べて地盤が弱く、地域の顧客を確実に自店へ集中させる必要があります。大手企業は次々に参入が予定されているので、食品スーパーを傘下に持つ大手グループが新電力に参入するとなると、傘下の食品スーパーもサービスの一環として何かしらの形で新電力に関わることが予想されます。電気そのものは品質を下げられませんので、競争内容は価格面と、セットのサービス内容で競うことになります。客数が落ちれば売り上げも落ちるのですから、競合相手が新電力でセットサービスを行うとなれば、同様に新電力で対抗するという手段が有効です。スーパーに限らず、今後も新電力は競争が激化することが予想できます。




関連記事

セット割でお得に選ぶ新電力

ガスや携帯電話料金とセットでお得になる新電力

新電力の選び方〜選ぶポイントはここ!

新電力を選ぶ「3つの」ポイントを紹介します。

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A