オール電化住宅は新電力に乗り換えると大損【電力自由化】

オール電化住宅は安くならない


 給湯はエコキュート。調理はIH。
 全てを電気で賄う「オール電化住宅」は、既に1割以上の世帯が導入しています。電気をたくさん使うからこそ、電力自由化への注目も高いのではないでしょうか。ですが、電力会社を乗り換えるにあたっては大きな落とし穴もあるので注意が必要です。その理由を詳しくご説明します。





以前のオール電化プランは超激安だった!


 新規で契約する(引っ越しを含む)場合は別として、以前からオール電化用のプランで契約している場合は、乗り換えでかえって割高になる可能性があります。その理由を詳しくご説明します。


そもそもなぜオール電化プランはお得だったのか


 説明に入る前に、まずは「なぜオール電化プランが割安なのか」ということを説明したいと思います。


 オール電化を導入するにあたってコアとなるシステムの一つに「エコキュート」と呼ばれる電気を使った給湯器があります。


IHクッキングヒーター


 このエコキュートは電気代が安い深夜帯に、電気を使ってお湯をつくって貯めておくシステムだというのは、オール電化世帯の方には「釈迦に説法」かもしれませんね。


 ではどうして、深夜帯の電気代が安いと思いますか?


 その答えは、電気の需給バランスにあります。
 電気の需要は季節によって変動するのはもちろん、一日の中でも大きく変動します。深夜は人々が寝静まっているため、電気の需要が少ないです。


オール電化がお得だったのは原発のおかげ


 実は原子力発電所が全国で稼働していた頃は、深夜時間帯の電気が今よりも多く余っていました。原発は一日の中で出力を大きく変えることが難しく、一日中一定量を発電し続ける仕組みだからです。


 その余っている深夜の電気を使ってもらうために、電力会社が普及を積極的に進めていたのが「オール電化」というシステムです。オール電化のプランがお得だったのは、原発の特性により深夜に電気が余っていた「おかげ」と言えます。


激変した日本の電力事情


 ですがご承知のとおり、東日本大震災による原発事故をきっかけとして、今も全国でほとんどの原発が停止を続け、日本の電力供給の中心は火力発電となっています


 火力発電は出力調整が容易であるため、電気の需要が少ない時は発電所の出力を少なくするか、一時停止することが出来ます。その結果として、電力会社にとっては以前ほど深夜に電気を使ってもらう必要性が低下しているため、最近のオール電化用プランが以前ほどお得ではなくなっています。


もし乗り換えてしまうと・・


 以前のオール電化プランと契約している世帯が、新電力に乗り換えた場合どうなるのか。答えは簡単で乗り換えると、かえって割高になるということです。


電力会社 料金目安(月)
東京電力「電化上手」
(オール電化用プラン)
15421円
東京ガス 20676円
ENEOSでんき(2年契約) 20452円

 オール電化用プランから、関東でも最安値水準の新電力の一般プラン(オール電化用でない)に乗り換えた場合の試算です。同じ使用量でも月に5千円も割高になるという結果になりました。




最近のオール電化プランは値下げの余地アリ?


 以前のオール電化プランは爆安(特に深夜時間帯)であるため契約し続けた方が絶対お得ですが、最近になってオール電化プランを契約したご家庭については、プランを見直した方がお得になる場合も多いです。


新電力のオール電化プランはどうか


 実は新電力で「オール電化プラン」を投入している会社はほとんどありません。私が把握しているところを一覧でご紹介します。


会社名 供給地域
坊っちゃん電力 四国
ナンワエナジー 九州
エルピオでんき 関東

 ナンワエナジーのプランは九州電力よりもお得ですが、坊っちゃん電力は四国電力と比べて高くなる可能性あり、エルピオでんきは東電の最近のオール電化プラン(スマートライフS)よりも明らかに割高です。


シミュレーションしてみよう


 お住まいの地域や使用状況によっては、ナンワエナジーのようにお得になる会社がある場合もあるので、ぜひシミュレーションをしてみてください。なお、当サイトはオール電化用プランには対応していないため、以下の大手比較サイトをおすすめします。





関連記事

電力会社の乗り換えで電気料金が高くなる?!

乗り換えることで、逆に値上がりする2つの「条件」を説明してます

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A