電気自動車・PHVユーザーにおすすめの新電力

電気自動車がある家にも新電力がおすすめ

 走行中に排気ガスや二酸化炭素を排出しない電気自動車は、エコの観点から最近注目を集めていますね。
 有名なものでは日産から発売された「リーフ」、これは2014年末時点で世界での販売台数10万台を突破しています。この世界で最も売れている電気自動車は日本でもすでに3万人以上のオーナーが所有しています。
 でも、エコなのは結構なのですが…電気自動車の動力源は当然電気。電気自動車をお持ちの家庭では、電気代が少し気になっているのではないでしょうか。


電気自動車の充電は新電力でお得に!

 日産リーフの場合、一回の充電でかかる料金は300円(24Kwh(バッテリー容量)×12円(夜間電力単価))ほど、航続可能距離は90〜200Kmです。
 普通の自動車とどちらがコスト的に有利かと言う点は置いておくとしても、日々これだけの電気代は確実にかかるわけですね。電気自動車はオール電化住宅プランは使えませんし、夜間電力がお得になるプランにすれば昼間の電気単価は上がってしまいます。
 それよりも、1日を通して電気単価が安いし電力に切り替えた方が確実に電気代は下がりますよね。新電力からは、まだ一般の電力会社では用意していない電気自動車に対応した優遇プランも今後出てくるかもしれません。
 今までより割安な新電力と契約して、エコでお得な生活を送りましょう。




地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A