ソーラーパネルがある家庭におすすめの新電力

太陽光発電システムがある家庭にも新電力はおすすめ

 再生可能エネルギー固定価格買取制度のスタートで、太陽光発電設備を導入する方が増えてきました。不動産オーナーが自分の所有する物件に設置すれば建物の共用部(もしくは各戸)の電気代は安くなりますし、一般家庭でも設置によって家庭の電気を一部まかなう事ができます。
 そしてこの太陽光発電システムで作られた電力は一定期間は保障された固定価格で買い取ってもらえますので、電気を使いながら同時に「収入」を得る事もできるのです。


太陽光発電システムと新電力の合わせ技でさらにお得!

 「補助金で太陽光発電システムの設備の負担は少ない」「上手くいけば売電収入でプラスになる」そういうセールスに心惹かれてソーラーパネルを設置する方もいるでしょう。ですが電気はためておくことができない性質を持っていますから、余った時は売る事ができますが足りない時は当然電気会社から電気を買う事になります。
 そしてこの電気をどこから買うべきか?となった時は、やはり新電力がおすすめなのです。
 新電力は一般電気事業者より安い価格で電気を小売りしてくれますから、もし見込んでいたように発電や売電ができなかった場合でも電気代は以前より安くなります。
 また、新電力は自前の発電設備だけでなく企業や家庭からの余剰電力の買い取りも行っています。ですから、「余った時は新電力に売る」「足りない時は新電力から買う」と言う契約も可能です。 
 将来的には、新電力と太陽光発電システム設置家庭がお互いに電力を融通し合うプランの登場もありそうですね。




地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A