【低圧電力】新電力の動力プランの料金比較表

低圧電力(動力プラン)の料金比較


エレベーターなどを動かす低圧電力(動力プラン)


 エレベーターやエアコン、業務用冷凍庫などを動かすために契約する低圧電力(動力プラン)の料金を比較します。電力自由化で参入した新電力がお得な料金プランを投入しています。


 一般家庭向けと比べて参入企業が少ないですが、順次追加していきます(地域についても今後増やしていきます!)





地域別料金の比較


 地域別に、従来の大手電力会社のプランと新電力のプランを比較します。
 一般家庭向けのプランと比べて参入企業がだいぶ少ないですが、お得なプランも多いです。


 なお、「年間削減額」はある小規模マンションのエレベーター用電力をもとにした試算です
 (都内、契約容量は3kW、使用量は月85kWh、夏季3ヶ月・その他9ヶ月で計算)


東京電力エリア


 東京電力エリアで選べる新電力の動力プラン(低圧電力)と、東京電力エナジーパートナーの「低圧電力」の料金比較です。


基本料金

1kWあたり
従量料金
年間削減額

小規模マンションEV
備考
夏季
その他
東京電力 1101.6円/kW 17.06円/kW 15.51円/kW 参考用
イーネットワーク
システムズ
-31.9%
750円/kW
+25.1%
22.5円/kW
+36.9%
22.5円/kW
-5923円 燃料費調整単価が異なる
H29年12月は東電比0.93円/kWh高
ENEOSでんき
公式サイト
-13.7%
950.4円/kW
-1.7%
16.77円/kW
-1.9%
15.22円/kW
-5739円 2段階制料金
月110kWh以上は単価高い
Looopでんき
公式サイト
-18.3%
900円/kW
+14.3%
19.5円/kW
+12.8%
17.5円/kW
-5113円
イーレックス -9.0%
1002.46円/kW
-0.5%
16.97円/kW
-0.6%
15.42円/kW
-3661円
東京ガス
公式サイト
-7.5%
1018.44円/kW
-0.9%
16.91円/kW
-0.9%
15.37円/kW
-3139円 2段階制料金
月130kWh以上は単価高い
ミツウロコ -5.0%
1046.52円/kW
-0.5%
16.97円/kW
-0.6%
15.42円/kW
-2075円
myでんき 0%
1101.6円/kW
-0.5%
16.97円/kW
-0.6%
15.42円/kW
-92円

中部電力エリア


 中部電力エリアで選べる新電力の動力プラン(低圧電力)と、中部電力の「低圧電力」の料金比較です。


基本料金

1kWあたり
従量料金
年間削減額

小規模マンションEV
備考
夏季
その他
中部電力 1123.2円/kW 16.73円/kW 15.21円/kW 参考用
イーネットワーク
システムズ
-51.0%
550円/kW
+29.6%
23.27円/kW
+41.6%
23.27円/kW
-12802円 燃料費調整単価が異なる
H29年12月は中電比1.22円/kWh高
Looopでんき
公式サイト
-37.7%
700円/kW
+31.5%
22円/kW
+31.5%
20円/kW
-10227円
イーレックス -9.0%
1022.11円/kW
0%
16.73円/kW
0%
15.21円/kW
-3639円
ミツウロコ -5.0%
1067.04円/kW
0%
16.73円/kW
0%
15.21円/kW
-2022円
myでんき 0%
1123.2円/kW
0%
16.73円/kW
0%
15.21円/kW
0円 負荷率によって割引あり
(適用の場合月108円)

関西電力エリア


 関西電力エリアで選べる新電力の動力プラン(低圧電力)と、関西電力の「低圧電力」の料金比較です。


基本料金

1kWあたり
従量料金
年間削減額

小規模マンションEV
備考
夏季
その他
関西電力 1058.4円/kW 14.82円/kW 13.37円/kW 参考用
イーネットワーク
システムズ
-52.8%
500円/kW
+36.6%
20.08円/kW
+51.6%
20.08円/kW
-13628円 燃料費調整単価が異なる
H29年12月は関電比0.125円/kWh安
Looopでんき
公式サイト
-33.9%
700円/kW
+14.7%
17円/kW
+12.2%
15円/kW
-11100円
イーレックス -14.0%
910.22円/kW
-0.7%
14.72円/kW
-0.3%
13.33円/kW
-5391円
滋賀電力 -10.0%
952.56円/kW
+5.5%
15.64円/kW
+6.1%
14.19円/kW
-2974円 解約違約金発生あり
和歌山電力 -10.0%
952.56円/kW
+6.1%
15.64円/kW
+5.5%
14.19円/kW
-2974円 解約違約金発生あり
大阪ガス -5.0%
1005.48円/kW
-0.1%
14.81円/kW
-0.1%
13.36円/kW
-1915円
ミツウロコ -5.0%
1005.48円/kW
0%
14.82円/kW
0%
13.37円/kW
-1905円
myでんき 0%
1058.4円/kW
0%
14.82円/kW
0%
13.37円/kW
0円 負荷率によって割引あり
(適用の場合月108円)

よくある疑問


 低圧電力・動力プランを新電力に切り替えるにあたって、疑問や不安に感じる点について解説します。


乗り換えることによるデメリットは?


 電力自由化の制度上、電力供給が不安定になるとか、契約した新電力が倒産して突然停電するといったことが起こらない仕組みが取り入れられているため、その点は心配する必要はありません。停電のリスクは東電や関電などの大手電力会社と同じです。


 新電力と契約するデメリットを強いてあげると、紙の検針票の発行を有料としている会社がほとんどなので、経理処理上の理由などで紙の検針票(領収書)が必要な場合は、ネットの管理画面から印刷する必要があります。


電灯契約と別々の会社でも大丈夫なの?


 マンション共用部や店舗などでは、低圧電力に加えて照明などに使う「従量電灯」プランの契約もあるでしょう。


 その場合は、同じ建物内であっても低圧電力と電灯契約はそれぞれ別の会社と契約することが可能です。メーターが別になっているのであれば、何も問題はありません。


 それぞれ最安になる会社を探して契約すると、経費削減につながります。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A