新電力から新電力に乗り換える方法と注意点

新電力から新電力に乗り換え


 わが家では2016年4月から1年ほどENEOSでんきを利用していましたが、引っ越しで契約アンペア数が上がったのを機にLooopでんきに乗り換えました。


 電力自由化から1年が経ち、そろそろ「新電力→新電力」と乗り換えを考え始めている人もいると思います。今回はわたしの体験談も交えながら、乗り換えの手順や注意点を紹介します。





乗り換え手続きの流れ


 新電力→新電力の切り替えは制度上可能です。
 しかし、大手電力→新電力の切り替え時と比べると「少々」やることが多くなります。
 順を追って説明します。


1.乗り換え先の新電力に申込み


乗り換え先の新電力に申込み


 まずは乗り換え先の新電力を決めたら、その新電力に申込みを行ってください。大手電力→新電力の時の手続きと同様に、住所や供給地点番号などを入力するだけです。


 現状、ほとんどの新電力は大手電力からの切り替えを前提とした申込みフローを用意しています。そのため、例えば「現在お使いの電力会社」を入力する項目がある場合、選択肢に新電力が含まれていない場合がほとんどです。


 そのような場合は、お住いの地域の大手電力会社を一先ず選択し、お客様番号などは現在お使いの会社のものを入力しておけばOKです。


 備考欄などがある場合は、新電力からの切り替えであることを予め伝えておくとスムーズです。


2.申込内容に関する問い合わせに答える


お尋ねが来るので答えてください


 上でも紹介したように、申込みフロー全体が「大手電力からの切り替え」を前提としたものであるため、手続きを進めていくと「エラー」が出てきます。そのエラーに関して、新電力からお尋ねがメール、電話などで届くのでそれに回答してください。


 新電力からの切り替えを想定していないケースもあるようなので、まずは必ず新電力からの切り替えであることを伝えてください。具体的な会社名と、必要に応じてお客様番号なども伝えてください。


 わたしの場合は、メールのやり取りが2往復必要になりました。


3.手続き完了


 契約状況の照合が完了した後、切り替えとなります。


 わが家の場合は4月19日に申込み手続きをWebから行い、その当日から21日までメールのやり取りを行った後、26日には供給開始日の決定通知が届きました。やり取りを含めて1週間で決着しましたね。


乗り換える際の注意点


 手順でもいくつか紹介しましたが、注意点を改めてまとめます。


大手電力→新電力の時より少し面倒


 上の手順で説明したように、大手電力からの切り替えよりも手続きがやや面倒といえます。


 ただ、制度上は問題なく移行できるようになっているので、心配せずチャレンジしてみてほしいと思います。


解約手続きは必要?


解約で違約金が発生する場合も


 これまで契約していた新電力に対して、解約手続きは特に必要無いようです。切り替え先の新電力が手続きを代行してくれることになっています。


 ただ、何か別のサービスとセット契約になっていたりする場合は注意してください。例えば電気の契約を条件に、割安な料金で別のサービスを利用できる契約になっているようなケースでは、念のため今後の契約条件を確認しておくことをおすすめします。


 また、解約にあたって「違約金」が発生する新電力の場合は、後日違約金の精算が発生します。解約条件を改めて確認しておきましょう。




関連記事

電力自由化・新電力って何? 停電のリスクは?
乗り換えでいくら安くなるの? 乗り換えで料金が値上がりするケース

どうやって契約するの? 乗り換えのメリット・デメリット
乗り換えにかかる初期費用 乗り換えに工事は必要?
賃貸住宅でも乗り換えられるの? 解約する時の違約金は?


地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A