関西電力の電気料金値下げを詳しく解説します

関電の値下げを詳しく解説します


 関西電力が電気料金の値下げを行います。
 この値下げについて、新旧の料金プランの比較も交えながら詳しく解説したいと思います。



値下げの概要


 まずは値下げの概要を簡単に説明します。


いつから安くなるの?


 今回行われる電気料金の値下げは、8月1日以降に適用されます。8月分の電気料金の請求額が安くなる、というイメージです。


なぜ安くなるの?


 値下げの理由として、関電側の説明では



 この2点を理由として挙げています。


 関電は原発依存度が51%(2010年度実績)と全国の電力会社で最も高かったため、東日本大震災後の原発の停止の影響を非常に大きく受けています。


 震災後に2度の値上げを実施した結果、震災前と比較して電気料金は18.92%高と大幅に上昇しています。その結果、大阪ガスを始めとする新電力に83万件もの契約を奪われており、値下げが急務となっていました。


原発が再稼働して料金引き下げ


新料金を詳細解説!


 関電の説明では家庭向けで3.15%の値下げになると言いますが、実際のところはどうなんでしょうか。新旧の料金を詳しく比較してみたいと思います。


料金プランの解説


 まずは新旧の料金プランを比較してみましょう。


旧料金 新料金 差額
最低料金
(15kWhまで一律)
373.73円 327.65円 -46.08円
16〜120kWh分 22.83円/kWh 19.76円 -3.07円
121〜300kWh分 29.26円/kWh 26.16円 -3.1円
301kWh〜分 33.32円/kWh 29.94円 -3.38円

 1kWhあたりの単価で3円以上安くなっていることが分かります。


燃料費調整額はこっそり値上げ


 料金を見ると1kWhあたり3円以上の値下げになっていますが、実際に消費者が負担する料金は違います。


 電気料金は基本料金(関電の場合は「最低料金」)と使用量によって課金される従量料金に加え、「燃料費調整額」というもので構成されています(他に再エネ賦課金などもありますが。。)


電気料金の構成


 この燃料費調整額は原油、LNG、石炭の平均価格の変動に応じて毎月異なる金額が掛かるものです。


 金額が調整されると言われると、われわれの財布を痛めつける「敵」のように感じてしまいますよね。ですが、昨今の下落した燃料相場では燃料費調整額が「マイナス」に作用しています。


 例えば2017年8月の基準で計算すると、標準世帯(月260kWh)では595.63円のマイナスです。


 ですが今回の「値下げ」に伴い、燃料費調整額の計算に使う値が変更され、基準となる燃料費が従来よりも大幅に引き下げられ、結果として燃料費調整額のマイナスが無くなっています。


 先の標準世帯の例ですと、8月の燃料費調整額はプラスの20.69円となり、従来の燃料費調整額よりも574.94円と大幅な「値上げ」になっています。


トータルでいくら安くなるの?


 では、値下げされた料金と値上げされた燃料費調整額をトータルで見てみると、どうなるのでしょうか。


旧料金 新料金
最低料金
+従量料金
6815.19円 6018.93円
燃料費調整額 -606.02円 20.69円
合計 6209.17円 6039.62円

 新料金は旧料金と比べて、トータルで月額179.94円安くなるという結果になりました(月260kWh使用の場合) 値下げ率はこの使用量の場合は2.73%となります。


結論 新電力の方が圧倒的にお得


 3%未満の値下げなので、値下げ後も引き続き新電力の方が圧倒的にお得です。
 追随値下げの動きも活発化していますから、値下げ効果などほとんど意味がありません。


宣伝が少々悪質かも


 関西電力のサイトを見てみますと、新旧の料金の比較表が掲載されています。


関電の料金表


 この表を見ますと、値下げ前の料金単価は燃料費調整額を含む値であるにもかかわらず、値下げ後の料金は燃料費調整額を含んでいません。


 上でも説明したように、今回の「値下げ」で燃料費調整額は上がっているわけです。その燃料費調整額を含まない値を紹介することで、実際の料金よりも安いと誤解を与える恐れがあります。


 せいぜい月数十円の差ではありますが、正確性を高めるなら値下げ後の料金表にも燃料費調整額を含んだ数値を掲載すべきです。なぜこのような表記をしているのか、とても不思議です。


 ついでに言うと、値下げ後の料金単価として掲載されている値も、燃料費調整額を含むのか含まないのか明記してほしいです。電気特定小売供給約款を何度も読み返して、「含まない」値であることが分かりました。




関連記事

電力自由化・新電力って何? 停電のリスクは?
乗り換えでいくら安くなるの? 乗り換えで料金が値上がりするケース

どうやって契約するの? 乗り換えのメリット・デメリット
乗り換えにかかる初期費用 乗り換えに工事は必要?
賃貸住宅でも乗り換えられるの? 解約する時の違約金は?


地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A