電力会社を乗り換える時に注意すべきこと

契約前に確認すべきこと

 電力自由化により、多くの人が電力会社を乗り換えます。しかし、それに伴いトラブルも多発ことが予想されます。ここでは、新電力と契約する前に確認しておくべきことを説明します。


料金について

 「料金が安くなる」と思って契約したのに、逆に高くなってしまった。そんなことが実際に起こります。特に、一人暮らし世帯やオール電化プランで契約している場合は、料金が上がってしまうケースが多いです。
 また、信じられないくらいたくさん電気を使わないと、乗り換え前より安くならない・・という会社もあります。申し込みの際は手元に検針票があると思うので、それを見て自分で一度計算することをおすすめします。


関連記事

電力会社の乗り換えで電気料金が高くなる?!

乗り換えることで、逆に値上がりする2つの「条件」を説明してます

解約条件を確認

 契約期間や解約にかかる違約金は必ず確認しましょう。違約金なしで解約できる新電力も多いですし、せいぜい1000〜3000円くらいで済む会社が多いです。が、中には1万円を越える請求をする会社もあるので、注意しましょう。特に「2年契約」といった期間に定めのあるプランや、セット割引が適用されるプランでは、絶対に確認してください! あまり厳しい解約条件の新電力とは契約しない方がいいです。


詳細記事

新電力を解約するときの違約金は?

違約金の額や、発生する条件を会社ごとに紹介しています

契約事務手数料

 工事費用(メーター交換など)も含めて、初期費用を一切取らない会社の方が圧倒的多数ですが、中には「契約事務手数料」という形で手数料を徴収している会社もあります。金額にして3千円くらいが多いですが、後からトラブルになるのを避けるためにも、事前に確認することをおすすめします。


詳細記事

新電力への乗り換えにかかる初期費用は?

乗り換えにかかる初期費用を詳しく説明しています



詐欺にも注意!

 初期費用や違約金は、上で説明している金額が「相場」です。それを遥かに越えた額を要求された場合は、詐欺の可能性もあります。お近くの消費生活センターや国民生活センターなどに相談することをおすすめします。


電力小売自由化の便乗詐欺にご用心!

新電力詐欺はこんな手口?


新電力を知るための記事

電力自由化・新電力って何? 停電のリスクは?
乗り換えでいくら安くなるの? 乗り換えで料金が値上がりするケース

どうやって契約するの? 乗り換えのメリット・デメリット
乗り換えにかかる初期費用 乗り換えに工事は必要?
賃貸住宅でも乗り換えられるの? 解約する時の違約金は?




地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A