電力会社を乗り換えると電気代はいくら安くなるのか?

いくら安くなるの?


 新電力に乗り換えると、電気料金はいくら安くなるのでしょうか?


 地域や、電気の使用量・使用状況によっても変動しますが、
概ね5%以上の値下げが期待できます。中には10%以上安くなる例もあります。


具体的な節約額は?


 では、具体的にいくら節約できるのでしょうか。金額の目安は以下の通りです。今回は世帯人数ごとの標準的な使用量(総務省統計などから)で、東京電力から乗り換えた場合をシュミレーションしてみました。


世帯人数 現在の
年間電気代
年間節約額 乗り換え先
1人世帯 50388円 -2519円 HTBエナジー
2人世帯 111300円 -7058円 ENEOSでんき
3人世帯 130188円 -9393円 ENEOSでんき
4人世帯 150096円 -11828円 ENEOSでんき

 元々の電気料金が高い関西エリアでは、4人暮らしの平均使用量でも年間3万円近く安くなります。


 地域や電気の使用状況(特に使用量)によってお得になる額が変わるので、まずはシュミレーションをしてみてください。


電気料金プランの比較

逆に高くなるケースもある


 乗り換えで逆に値上がりするケースもあるので注意が必要です。特に値上がりの可能性が高いのは「一人暮らし世帯」と「オール電化住宅」です。以下の記事に詳細をまとめたので、こちらもあわせてご覧ください。


 また、各社「乗り換えで○○円お得!」などと宣伝していますが、その宣伝通りになるご家庭は少ないです。平均よりも大量の電気を使う家庭でシミュレーションした結果を宣伝している会社が多いので、標準的な使用量のご家庭ではそうならないことがほとんどです。


詳細記事

電力会社の乗り換えで電気料金が高くなる?!

乗り換えることで、値上がりする2つの「条件」を説明してます



新電力が安いカラクリは?


 電力会社を新電力に乗り換えるだけで、電気料金が安くなります。でも、新電力に乗り換えても停電が増えたりすることはありませんから、今までと全く変わりなく電気を使うことができます。では、どんなカラクリがあるのでしょうか?


「総括原価方式」ではない


 今までの電力会社は、かかった費用を積み重ねて電気料金を決める「総括原価方式」という方法を取っています。かかったコストはそのまま消費者に負担させることが出来ますし、地域独占で守られているおかげで、電気料金が高くなっても客を他社に奪われることはありませんでした。よって、高コスト体質が染み付いていたと指摘されています。電力会社と言うと社員の給料が高いイメージがありますが、厚生労働省の統計によると業種別で最も平均年収が高いのが電力会社を含む「電気・ガス・熱供給・水道業」です。人件費一つとっても、今までの電力会社は高コスト体質でした。


 新電力は違います。品質が全て同じなら、勝負出来るのは価格くらいです。0.1円でも電気料金を安くするために、血の滲むような努力をしてコスト低減に努めているのです。


3段階制料金プラン


3段階制料金が新電力の値下げの鍵  日本の電気料金プランは、使う量に応じて単価が上がっていく「3段階制」を採用していました。たくさん使えばお得になっていきそうですが、実はその逆でたくさん使うと割高になるように設定されています(オイルショックがきっかけ)


 新電力各社はここに注目しています。
 これまで割高だった、3段階制の一番上の料金単価を大きく引き下げることで、使用量の多い家庭の電気料金がこれまでよりお得になるようにしています。元々の料金単価がかなり高く設定されていたので、値下げをするのは難しい話ではありません。


 自由化前の電力各社は、3段階制料金の3段階目で利益の多くを確保していたと言われています。逆に、1段階目は割安であるため利益はほぼ出ません(もしくは赤字) 新電力各社も、1段階目の料金の値下げにはなかなか踏み込めていません。


電気料金プランの比較



新電力を知るための記事

電力自由化・新電力って何? 停電のリスクは?
乗り換えでいくら安くなるの? 乗り換えで料金が値上がりするケース

どうやって契約するの? 乗り換えのメリット・デメリット
乗り換えにかかる初期費用 乗り換えに工事は必要?
賃貸住宅でも乗り換えられるの? 解約する時の違約金は?


地域別おすすめ新電力 料金プラン比較

地域ごとに各新電力の料金プランを一挙に比較できます

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A