auでんきの電気料金プランやセット割を詳しく解説【KDDI】

auでんきの概要

運営会社 KDDI 電力調達 他社発電所
供給エリア 沖縄を除く全国 契約条件 au利用者


特徴


・電気料金は地域の電力会社と全く同じ
・毎月の料金の1〜5%をau WALLETにキャッシュバックで還元
・電気使用量を「見える化」するサービスが充実


auショップ


 「鬼ちゃん」のCMでおなじみ、KDDIの新電力です。auの携帯電話・スマホや、auひかりの契約者に向けたサービスを展開しています。


 通信会社が電気を売ると言われると意外な感じがしますが、KDDIは2014年に電力子会社を設立し、大型マンションなどに電気を供給してきました。稼ぎ頭である携帯電話事業が頭打ちの中、契約者に様々なサービスを提供する「auライフデザイン」という戦略の一環として、電力事業に力を入れています。




料金プラン


割引率の目安


 auでんきへの乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


世帯人数→
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
お得率
年間節約額
-1.0%
-503円
-3.0%
-3339円
-5.0%
-6509円
-5.0%
-7504円
標準的な世帯の場合

 電気料金自体はとてもシンプルで、これまでの地域電力会社と同価格で提供されます。はい、電気料金自体は安くないです。ですが、使った料金に応じてau WALLETにキャッシュバック還元するという形で、実質的な値引きを提供しています。


au walletプリペイドカード


 キャッシュバックはau WALLETのプリペイドカードにチャージする形で行われるので、auでんきを使うメリットがあるのは
「auユーザー」かつ
「au WALLETを使っている人」

ということになるでしょう。


 この条件に当てはまる世帯でも、auでんきのお得率はせいぜい5%ですから、他の新電力を選んだ方がお得になることが多いです。一度シミュレーションをしてみてください。


auでんきセット割


 ソフトバンクでんきのように、「スマホと電気をセット契約にすると毎月○○円割引」という形のセット割引はありません。上でも説明したとおり、毎月の料金に応じた額をau WALLETプリペイドカードにキャッシュバックする、という形の「セット割」が提供されています。


 キャッシュバックの還元率は以下の通りです。


auでんきの料金 還元率
5千円未満 1%
5000〜8000円未満 3%
8千円以上 5%

 平均的な電気使用量だと、一人暮らし世帯では5000円を下回る月が多いはずです。2人〜3人世帯では、あまり使わない月は3%、夏冬でエアコンをよく使う時期は5%になるでしょう。4人以上の世帯では、年間を通じて5%が適用される月が多くなると思います。


ガスとのセット割も


 今のところ関西電力と大阪ガスのエリアのみですが、電気とガスのセット割プランも用意されています。
 詳しくは以下の記事で。


解約時の違約金は?


 契約から1年以内に解約する場合は、2000円の違約金が発生します。
 この他、セット契約する携帯電話回線などを解約する場合にも、別途違約金が発生するのでご注意ください。


auでんきのデメリットは?


 auでんきのデメリットを紹介します。


au WALLET還元がネック


 上でも説明した通り、実質的な割引はau WALLETカードに「キャッシュバック」する形で行われます。既にau WALLETを利用している人も多いですが、そうでない人にとってはハードルが高いでしょう。


 「一律5%引き」を標榜しているHTBエナジー(大手旅行代理店エイチ・アイ・エス系)の方がおトク率でも、使い勝手でも上です。


HTBエナジーの公式サイトを見る

CO2排出量がワーストクラス


CO2排出量がワーストクラス


 auでんきのCO2排出量は新電力・大手電力を含む全電力会社の中でも「ワーストクラス」と言える水準です。


 CO2排出係数(平成27年度実績)を見ると、1kWhあたりのCO2排出量は0.656Kgとなっており、新電力としては最低クラス。
 また、全国の大手電力会社と比較しても中国・北海道電力以外の会社より排出量が多く、乗り換えることでCO2排出量を増やすことになります。


 例えば東京電力から乗り換えた場合は31.2%増、関西電力比では28.9%増となります。


料金水準があまり安くない


 何度も説明しているように、auでんきは電気料金自体は大手電力会社と同額で、「最大5%」のキャッシュバックを受けられるという仕組みです。お得率は最大5%となります。


 お住いの地域や電気の使用量によっても違いますが、「5%」というお得率は新電力としてはかなり低い水準です。特に3人、4人世帯など使用量が多い場合は10%以上(年間1.5万円以上)安くなる例も珍しくありません。


 特に、使用量が多い世帯ではLooopでんきなど他の新電力を選ぶことをおすすめします。乗り換える手間は一緒ですから、お得な会社を選んでください。Looopなら解約時の違約金も掛かりません。


Looopでんき公式

auでんきのメリット


 続いて、auでんきならではのメリットを紹介します。


割高になることがない、という安心感


 auでんきの電気料金は、これまで契約してきた各地域の大手電力会社の「従量電灯プラン」(一般的なプラン)と同額です。したがって、従量電灯プランで契約している世帯の場合、乗り換えによって割高になるリスクがありません。


 使用量が少ない一人〜二人暮らし世帯では、新電力に乗り換えると割高になってしまう例も少なからずありますが、auでんきはその点安心して契約できます。


 ただし、オール電化プランなど「従量電灯でない」プランからの乗り換えでは割高になるのでご注意ください。




関連記事


地域別おすすめ新電力 料金プラン比較

地域ごとに各新電力の料金プランを一挙に比較できます

auユーザーにおすすめの電力会社

auと電気のセット割の一覧

セット割でお得に選ぶ新電力

ガスや携帯電話料金とセットでお得になる新電力

新電力の口コミ・評判

各電力会社の口コミや評判を掲載しています

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A