浜松新電力の料金プランや電源構成・発電方法を詳しく解説

浜松新電力の概要

親会社 浜松市、遠州鉄道など 供給エリア 主に浜松市内

特徴

・政令指定都市が設立した初の地域新電力
・市内の太陽光発電所やバイオマス発電所などから供給
・一般家庭向けも検討中  


うなぎが名物の浜松市  静岡県の浜松市が中心となって設立した地域新電力です。全国の自治体で地域新電力を設立する流れがありますが、政令指定都市が中心となって実現した初めての事例として注目を集めています。市の他にも、遠州鉄道を始めとする地元企業が半分を出資。残りはNTTファシリティーズやNEC系が出資し、人材やノウハウの面からもバックアップしています。
 当初は市内の小中学校や給食センターといった公共施設への供給がメインとなりますが、民間企業や一般家庭にも供給を拡大させていく計画です。


 再生可能エネルギーというと、料金が高くなるイメージがあります。しかし、浜松新電力ではコストを抑える努力や政府の制度を活用することで、「中部電力よりも数%安い電気料金で」公共施設などに電気を供給する、としています。家庭向けでは一般的な新電力と比べると高くならざるをえないことが予想されますが、それでも中部電力の現行の料金と比べても決して高くない料金水準を期待できそうです。


電源構成・発電方法

 市内の再生可能エネルギーを中心として、電源調達を行っています。
 浜松市は全国でも有数の日照時間の長さを誇り、その強みを活かして市内では太陽光発電がさかんに行われています。市内で導入済みの太陽光発電所の容量は、既に原発2基分に達しており、この豊富な電力を活用します。
 また、市内の清掃工場でのバイオマス発電や、小水力発電なども組み合わせながら、再生可能エネルギーを安定的に供給することを目指しています。




関連記事

地元の電力会社「地域新電力」を選ぼう

エコな電気と、地元に雇用を生み出す「地域新電力」とは?

エコな新電力は?

再生可能エネルギーなど環境にいい新電力を選ぼう!

地域別おすすめ新電力 料金の比較表

地域別に新電力の料金プランを一挙に比較できます

発電方法で選ぶ電力会社

水力発電、火力発電、風力発電など発電方法別に選べます。

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A