HTBエナジー(HIS)の電気料金プランやセット割

HTBエナジー(HIS)の概要


親会社 H.I.S.(大手旅行代理店) 電力調達 他社、自社地熱発電所など
供給エリア 沖縄・一部離島を除く全国 契約条件 30A以上(一部地域)


公式サイト(申込み)

特徴


・旅行代理店のH.I.Sの関連会社
・使用量、契約アンペアに関係なく一律5%引き(一部地域除く)
・関西で最安値級の新料金を発表
・当サイトでの申込み件数が圧倒的1位


エイチ・アイ・エスの「たのしいでんき」


 HTBエナジーは大手旅行代理店のエイチ・アイ・エスが設立した新電力です。旅行会社の電力への参入ということでテレビなどでも度々取り上げられ、注目を集めています。


 旅行と電力の間には全く関係性が無いため、「すぐ撤退するのでは?」「節操が無い」と思う人も多いでしょう。ですがHTBエナジーは、自社でLNG火力発電所や地熱発電所を建設するなど、しっかりと腰を据えて新電力に参入しています。他の多くの新電力は自前の発電所を持っていませんから、それだけでも評価に値します。


公式サイト(申込み)

料金プランの解説


 使用量や契約アンペアに関係なく、一律5%安くなるというのは他の新電力には無い見どころです(四国、関西は一律5%オフではない)


 とりわけ、一人暮らし世帯は迷わずHTBエナジーを選んだ方がいい!と言える程、他社に圧倒的な差を付けています。使用量が少ない場合、逆に割高な料金設定をしている新電力も多い中、5%安くなるのは驚異的です。経営的には厳しいはずですが、電力自由化の恩恵を全国民にあまねく届ける上で重要な役割を果たしていると評価したいです。


 使用量が少なければ、二人暮らし世帯でもお得です。3人以上だと他の電力会社の方がお得である場合が多いので、料金シュミレーターでも確認してみてください。なお、20A未満では契約できないのでご注意ください(アンペア契約でない関西・中国・四国では心配いりません)


お得額の目安


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


北海道電力エリア
世帯人数→
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
実質契約不可
30Aなら-5.0%
-5.0%
-6484円
-5.0%
-7541円
-5.0%
-8658円

 1〜3人暮らしのご家庭では、北海道で最安値水準の料金設定です。
 3〜4人以上だとLooopでんきがお得です。


北海道の電力会社の電気料金ランキング

北海道の電力会社の料金比較表

北海道の新電力の電気料金を一挙に比較できます

東北電力エリア
世帯人数→
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
実質契約不可
30Aなら-5.0%
-5.0%
-5369円
-5.0%
-6328円
-5.0%
-7312円

 1〜3人暮らしのご家庭では、最安値水準の料金設定です。
 4人以上など、電気の使用量が多い場合はLooopでんきの方がお得になります。


東北地方の電力会社の電気料金ランキング

東北エリアの電力会社の料金比較表

東北地方の新電力の電気料金を一挙に比較できます

東京電力エリア
世帯人数→
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
実質契約不可
30Aなら-5.0%
-5.0%
-5547円
-5.0%
-6484円
-5.0%
-7475円

 一人暮らし世帯のみ、最安値水準です。
 30A以上で契約している場合は、迷わずHTBエナジーに決めてください。


関東地方の電力会社の料金ランキング

東京電力エリアの電力会社の電気料金比較表(関東)

関東地方の新電力の電気料金を一挙に比較できます

中部電力エリア
世帯人数→
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
実質契約不可
30Aなら-5.0%
-5.0%
-5489円
-5.0%
-6375円
-5.0%
-7311円

 1〜2人暮らしのご家庭では、最安値水準の料金設定です。
 それ以上の場合はエネワンでんきLooopでんきを検討してください。


東海地方の電力会社の電気料金ランキング

中部電力エリアの電力会社の料金比較表(中部・東海)

東海地方の新電力の電気料金を一挙に比較できます

北陸電力エリア
世帯人数→
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
20A契約不可
30Aなら-5.0%
-5.0%
-4627円
-5.0%
-5358円
-5.0%
-6129円

 一人暮らし(30A以上で契約)なら北陸最安値です。
 二人暮らし以上の場合は、Looopでんきなどの方が安いです。


北陸地方の電力会社の電気料金ランキング

北陸電力エリアの電力会社の料金比較表

北陸地方の新電力の電気料金を一挙に比較できます

関西電力エリア
世帯人数→
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
シングルコース -3.2%
-1416円
-6.5%
-6647円
-6.8%
-8035円
-7.1%
-9520円
ファミリーコース -0.3%
126円
-10.8%
-11055円
-12.6%
-14920円
-14.2%
-19054円

 使用量が少ない世帯向けのシングルコースと、使用量が多い世帯向けのファミリーコースがあります。


 特にファミリーコースは、2人以上の世帯で「関西最安値クラス」の料金設定になっているので、とてもお得です。シングルコースは一人暮らし世帯で最安値です。


関西・近畿地方の電力会社の電気料金ランキング

関西電力エリアの電力会社の料金比較表

関西・近畿の新電力の電気料金を一挙に比較できます

中国電力エリア
世帯人数→
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
-5.0%
-2275円
-5.0%
-5195円
-5.0%
-5938円
-5.0%
-6732円

 1〜2人暮らしのご家庭では、最安値水準の料金設定です。
 それ以上の場合はLooopでんきを検討してください。


中国地方の電力会社の電気料金ランキング

中国電力エリアの電力会社の料金比較表

中国地方の新電力の電気料金を一挙に比較できます

四国電力エリア
世帯人数→
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
-1.1%
-497円
-3.3%
-3436円
-3.5%
-4210円
-3.7%
-5038円

 基本料金・従量料金ともに「5%オフ」であるものの、従量料金の1段目と2段目の区分が四国電力と異なるため、実際に支払う料金は「5%オフ」になりません。ご注意ください。


四国の電力会社の電気料金ランキング

四国電力エリアの電力会社の料金比較表

四国の新電力の電気料金を一挙に比較できます

九州電力エリア
世帯人数→
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
実質契約不可
30Aなら-5.0%
-5.0%
-4921円
-5.0%
-5751円
-5.0%
-6627円

 1〜2人暮らしのご家庭にはおすすめです。


九州の電力会社の電気料金ランキング

九州エリアの電力会社の料金比較表

九州の新電力の電気料金を一挙に比較できます


公式サイト(申込み)

セット割や特典は?


 H.I.Sの旅行が数%安くなる、といった特典は今のところありません。
 ハウステンボスの入場料がお得になったりしたらうれしいですよね。


 なお、ガス自由化への参入も表明したので、将来的にはガスと電気のセット割引が登場するかもしれません。


 LNGタンカーを購入する方針を示すなど、動向に目が離せないです。


解約時の違約金は?


 1年未満の解約2千円+税が発生します。


 以前は9千円+税という高額な違約金の設定であったため、契約を躊躇してしまう人もいたと思いますが、適正な水準へと変更されたので安心して契約できます。


 なお、1年以上利用すればその後は違約金は掛かりません。


HTBエナジーの評価


ダントツの人気1位


 当サイトでの申込み件数は、2位以下に圧倒的な差をつけてダントツの1位です。
 全国展開している点、世帯数が多いのに他社が取りこぼしている1〜2人暮らし世帯にメリットのある料金設定、「一律5%引き」という安心して契約できる料金プランが人気の理由だと思います。


環境面は? エコなの?

HTBエナジーはCO2排出量がやや多い

 可もなく不可もない内容です。


 電源構成は公表されていませんが、環境省を通じて公表されている「CO2排出係数」の値は0.470Kg/kWh(平成27年度実績)と、東電や中電、関電など大手の電力会社よりもわずかに良い値です。CO2排出量を削減することができます。北海道、東北、北陸、中国電力、四国の各電力会社と比べると大幅に低排出です。


 前年度までの数値は新電力の中でも悪い方だったので、そこから大きく改善されました。


公式サイト(申込み)

HTBエナジーのサービス


電気使用の「見える化」サービス


 HTBエナジーのサイトにログインすると、ご自宅の電気使用量を「見える化」するサービスが付いています。スマートメーターで取得したデータをグラフで確認出来るので、節電意識の向上や電気の使い方の改善に役立てることができます。


支払い方法は?


 クレジットカード払いと、コンビニ払い(手数料200円)の他、口座振替にも対応しました。
 口座振替は手数料不要で、都市銀行や主要な地銀の他、一部のネット専業銀行(ネットバンク)にも対応しています。


生活サポートサービス(オプション)


 月250円(税抜き)を支払って「安心サポート24」というサービスに加入すると、生活の様々なトラブルに無料で自宅まで出張し、24時間365日対応してくれます。


生活サポートサービスがオプションで設定


 電球交換や水まわりのトラブル、鍵の解錠などに対応してくれるそうです。部品代は実費で請求されますが、出張料や作業料が無料なのでとてもお得だと思います。高齢者の方にぜひおすすめしたいです。離れて暮らす親御さんなどにいかがでしょうか。


 年間たったの3千円ですから、電気使用量が多い高齢者世帯では電気代が安くなった分で賄えると思います。


 HTBエナジーで電気を契約した後、会員画面から申し込んでください。


公式サイト(申込み)

自社発電所(建設予定も含む)


発電容量
場所
LNG火力発電所 7500kW 長崎県佐世保市(ハウステンボス敷地内)
地熱発電所 40kW 大分県別府市
太陽光発電 2100kW 長崎県佐世保市(ハウステンボス敷地内)

 この他、関東や関西で100万〜200万kW規模のLNG火力発電所の建設も検討しているようです。現在はCO2排出がやや多くなっていますが、こうした設備が稼働していけばCO2排出もグンと減っていくはずです(LNG火力は低排出)


 2016年末には10万KWhクラスのLNG火力発電所の建設を発表しました。建設費用は200億円超という巨額投資です。それに合わせてLNGを輸送するタンカーも自社で購入すると言うから驚きですね。


 なお、現在のところ電源構成は公表していません。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A