岩谷産業の口コミ・評判は?

岩谷産業の特徴

・首都圏向けに電気を販売
・東京電力より3〜5%程度安くなる方針
・LPガスとの「セット割」が登場予定


概要

 岩谷産業は、「LPガス」を中心としたエネルギー事業と水素などの産業ガス事業を基幹とした企業です。それらから派生し、機械、溶剤、電子機器、マテリアル、食品など幅広い分野にも事業を拡大しています。特にエネルギー事業では、「エネファーム」「太陽光パネル」といった省エネ事業も取り扱っています。そんな岩谷産業は2015年12月18日、経済産業省に電力小売事業者としての登録申請を行い、2016年4月からの電気の小売りに参入する旨を発表しました。新電力においては自社の子会社であるLPガス販売会社2社を通じて既存のLPガス顧客を中心として電力販売を開始予定となっています。電気事業実施にあたっては関西電力グループである「株式会社関電エネルギーソリューション」との幅広い連携を視野に入れ、グループ全体での既存顧客へのサービス向上と新規顧客の獲得を図るようです。




供給エリア

 当初は「関東」「首都圏」エリアでの電力供給を予定しています。東京電力管内を想定していますが、詳しい地区名までは発表されていません。ただし、「まずは特に競争激化が予想される関東・首都圏エリアにおいて、家庭用電力市場に参入いたします。」とホームページに記載されており、「まずは」の部分を考えれば以降も供給エリアを拡大することが予想されます。


口コミ・評判

 岩谷産業は、まず自社グループのLPガス顧客向けにLPガスとのセット割を踏まえた電力販売を開始することが予想されます。しかし、ガスと電気のセット割は他の企業も新電力の要として視野に入れているサービスであり、首都圏という大市場では競争が激化されるものと思われます。市場競争が正常に機能すれば、顧客としては大きな節約効果を期待できるでしょう。また、自社グループ内では「エネファーム」や「太陽光発電パネル」といった事業も展開しており、一般家庭向けサービスとしてこれらをセットにした電機サービスを展開することも予想されます。新規顧客獲得において具体的にどのような販売戦略を打ち出すのかについてはまだ発表されていませんが、競争の激化が予想される首都圏で他企業との競争に打ち勝つほどのサービスをどのようにして実現するのか、今後が期待できます。既存電力会社や他企業との提携を行い、供給エリアを拡大することも予想されますが、首都圏での成果次第という点は否めません。




関連記事

新電力の選び方〜選ぶポイントはここ!

新電力を選ぶ「3つの」ポイントを紹介します。

セット割でお得に選ぶ新電力

ガスや携帯電話料金とセットでお得になる新電力

新電力の口コミ・評判

各電力会社の口コミや評判を掲載しています

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A