JCOM電力の料金プランやセット割を詳しく解説します

JCOM電力の概要

親会社 JCOM(KDDI系) 電力調達 他社提携発電所
供給エリア 北海道、宮城、関東、関西、
中国、九州の各エリアの一部
契約条件 JCOMのサービス利用者

特徴

 ・大手通信事業者KDDI(au)の子会社
 ・大手新電力からの安定供給
 ・セット契約で1割近い割引も!


ジェイコムの公式キャラクター「ざっくぅ」  あまり知られていませんがケーブルテレビ最大手の『J-COM』は、住友商事株式会社や大手通信事業者のKDDIも出資する企業。ざっくぅでおなじみこの『J-COM』もすでに電力小売り事業に乗り出しています。大企業のバックアップと親会社のサミットエナジーから電力供給を受け、2012年から早くもマンション一括受電サービスに取り組んでいます。今後もサミットエナジーから安定した電力供給を受けられるのは大きな強みになるでしょう。


料金プラン

割引率の目安

 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


世帯人数→ 1人 2人 3人 4人
お得率
年間節約額
-0.8%
-424円
-2.2%
-2435円
-3.1%
-4052円
-3.8%
-5719円
標準的な世帯の場合

 電気料金単体のお得率は以上の通りです。使う量が増えれば増えるほど割引率が高くなっていく、という他の新電力と同様の料金体系になっています。標準的な使用量の家庭で見ると、取り立ててお得という程でもないかな、というのが正直な感想です。
 注意点としては、既にJCOMを利用しているご家庭も含めて契約事務手数料が必要になるという点です。税抜3000円かかるので、これだけでもお得感はかなり下がりそうです。


セット割

 JCOMが提供している各サービスとのセットプランが用意されています。サービス体系がかなり分かりづらいので、申し込みには慎重になった方がよいでしょう。


セット割対象サービス 詳細 割引額
JCOMの各サービス テレビやWiFi、電話、ネットなど

口コミ・評判

 すでにマンションへの電力小売り事業が軌道に乗っていること、KDDIなどの大手企業がバックについている安心感は、電力会社乗り換えを考えている消費者の背中を後押ししてくれそうです。また電力供給を行うサミットエナジーが官公庁にも多く採用されているという点も心強いですね。マンション一括受電サービスでは従来より5%安い料金で電気を提供し、J-COMの通信サービスとあわせると8%も割安になるそうです。戸建て住宅向けにもこれと同等程度の割引が期待できそうですので、この機会に電気・通信の見直しをまとめて行うのも良いのではないでしょうか。




関連記事

関東地方の電力会社の料金ランキング

東京電力エリアにおすすめの電力会社

関東地方の新電力の料金を一挙に比較できます
近畿地方の電力会社の料金ランキング

関西電力エリアにおすすめの電力会社

関電エリア内の新電力の料金を一挙に比較できます

セット割でお得に選ぶ新電力

ガスや携帯電話料金とセットでお得になる新電力

新電力の口コミ・評判

各電力会社の口コミや評判を掲載しています

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A