京葉ガスの電気料金プランやセット割を詳しく解説

京葉ガスの概要

親会社 京葉ガス 電力調達 卸電力市場、自社太陽光など
供給エリア 東京電力エリア 契約条件 京葉ガスのガスを使用
40A以上

特徴

・東日本では東京ガスに次ぐ規模を持つ都市ガス会社
・自社でメガソーラー発電所を保有
・ガス契約者向けに電気事業に参入


 京葉ガスの歴史は古く、1927年に葛飾瓦斯鰍ニして設立されています。石炭による都市ガスからスタートしましたが、天然ガスへの切り替えも逸早く実施し、今でこそ当たり前になっていますが、サービスショップの展開は京葉ガスが始めたものです。


 そんな京葉ガスは、2016年7月から一般家庭向けの電力販売に参入しました。すでに2014年には特定規模電気事業者として、自社施設やグループ企業への太陽光発電による電力の供給を行うなどして、電力事業を始めています。
 電源にはグループ企業が保有するおおよそ7MWの太陽光発電からの電力を活用することになっています。この規模の発電量は、約1550軒分の需要を賄うことができる発電量ですが、不足分については卸電力取引市場からの調達となる予定です。


 電気料金プランは3種類が発表になりました。実際の申し込み受け付けは、書面では4月25日から、ネット申し込みは7月4日からとしています。




料金プラン

お得率の目安


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


世帯人数→
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
マイホームあかり
ペア割
実質契約不可 実質契約不可 -4.4%
-5672円
-5.4%
-8082円
標準的な世帯の場合

 標準的なプランに、ガスのセット割を適用したシュミレーションです。
 お得感はやや小さめ。新電力としては中〜下位の料金水準といえます。


関東地方の電力会社の料金ランキング

東京電力エリアの電力会社の電気料金比較表(関東)

関東地方の新電力の電気料金を一挙に比較できます

電気料金の比較シュミレーター

セット割


 以下の割引が用意されています(併用は不可)


セット割対象サービス 詳細 割引額
ペア割 ガスとのセット割 170円引き
(年間2040円)
ほっと割 ガス式床暖房やガス暖房機を
使用している家庭
250円引き
(年間3000円)
ピカ割 エコウィルやエネファームを
設置している家庭向け
300円引き
(年間3600円)

口コミ・評判


 こっそり電源構成を公開しています。それによれば、再生可能エネルギー(FIT電気)の割合が17%ということで、再エネの割合はかなり大きいようです。環境問題に関心のある方にもおすすめ出来ます。
 CO2排出量は東電と比べて3.6%少ない値となっています。




関連記事

関東地方の電力会社の料金ランキング

東京電力エリアの電力会社の電気料金比較表(関東)

関東地方の新電力の電気料金を一挙に比較できます
東海地方の電力会社の電気料金ランキング

中部電力エリアの電力会社の料金比較表(中部・東海)

東海地方の新電力の電気料金を一挙に比較できます
関西・近畿地方の電力会社の電気料金ランキング

関西電力エリアの電力会社の料金比較表

関西・近畿の新電力の電気料金を一挙に比較できます

地域別 電気料金プランの比較表

地域別に電力会社の電気料金プランを一挙に比較できます

新電力の選び方〜選ぶポイントはここ!

新電力を選ぶ「3つの」ポイントを紹介します。

セット割でお得に選ぶ新電力

ガスや携帯電話料金とセットでお得になる新電力

新電力の口コミ・評判

各電力会社の口コミや評判を掲載しています

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A