洸陽電機の口コミ・評判は?【電気料金/セット割】

洸陽電機の概要


親会社 洸陽電機 電力調達
供給エリア 東京、中部、関西、
四国、中国、九州電力エリア
契約条件 30A以上(地域による)

特徴

・省エネ支援の会社
・ソーラー、水力、地熱など自社再エネ発電所保有
・関西でトップクラスの料金を実現
・平和堂と提携 ポイント還元で更にお得(関西)


温泉による地熱発電所も  洸陽電機は知名度こそありませんが、既に大規模ビルや冠婚葬祭場など大口向けに多数の供給実績がある新電力です。自社で発電所を持たない他の新電力とは違い、メガソーラーや小水力、地熱発電所などの再生可能エネルギーの発電所を多数保有しています(販売する全量を再エネでカバー出来る程ではないようですが) 町おこしを兼ねた、温泉水を活用した地熱発電所(長崎県小浜温泉)など、特色ある電源確保を進めている会社です。


公式サイト(申込み)



料金プラン


お得率の目安

 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


東京電力エリア
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
きほんプラン 実質契約不可 -4.7%
-5203円
-5.1%
-6623円
-5.4%
-8142円

 新電力としては中位クラスのお得感です。


関東地方の電力会社の料金ランキング

東京電力エリアの電力会社の電気料金比較表(関東)

関東地方の新電力の電気料金を一挙に比較できます

中部電力エリア
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
きほんプラン 実質契約不可 -3.2%
-3535円
-3.7%
-4793円
-4.2%
-6174円

 新電力としては中位クラスのお得感です。


東海地方の電力会社の電気料金ランキング

中部電力エリアの電力会社の料金比較表(中部・東海)

東海地方の新電力の電気料金を一挙に比較できます

関西電力エリア
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
きほんプラン -1.8%
-789円
-3.0%
-3119円
-3.5%
-4171円
-3.9%
-5297円

 充分お得な感じもしますが、まだまだ上には上がいます。


セット割
セット割対象サービス 詳細 割引額
平和堂ポイント 電気料金100円につき1P 実質1%引き

平和堂のポイント  上記の料金表に加え、更に平和堂のHOPカード会員はポイント還元が受けられます。
 平和堂のポイントカード(HOPカード)は、貯まったポイントを現金でキャッシュバックしてくれるカードです。つまり、洸陽電機の電気料金の1%がキャッシュバックされる、ということになります。HOPカードをお持ちでない方も、この機会に入会してはいかがでしょうか。


関西・近畿地方の電力会社の電気料金ランキング

関西電力エリアの電力会社の料金比較表

関西・近畿の新電力の電気料金を一挙に比較できます

中国電力エリア
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
きほんプラン -0.4%
-183円
-1.6%
-1676円
-2.2%
-2595円
-2.6%
-3577円

 お得率は中国エリアで最下位クラスです。


中国地方の電力会社の電気料金ランキング

中国電力エリアの電力会社の料金比較表

中国地方の新電力の電気料金を一挙に比較できます

四国電力エリア
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
きほんプラン -3.4%
-1607円
-3.7%
-3913円
-4.4%
-5281円
-4.9%
-6744円

 お得度では他の新電力に分があります。


四国の電力会社の電気料金ランキング

四国電力エリアの電力会社の料金比較表

四国の新電力の電気料金を一挙に比較できます

九州電力エリア
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
きほんプラン 実質契約不可 -2.4%
-2383円
-2.9%
-3358円
-6.1%
-8093円

 50A・60A契約にすると、電気の使用量にかかる単価が安くなります。そのおかげで4人世帯(50Aでシュミレーション)だけお得になっています。50A以上で契約している方は、ナンワエナジーと洸陽電機を検討するとよいでしょう。


九州の電力会社の電気料金ランキング

九州エリアの電力会社の料金比較表

九州の新電力の電気料金を一挙に比較できます


もう一つのプランが

 生活フィットプランというプランがあります。
 平日昼間の料金単価をウンと高くする代わりに、夜間(22時〜翌8時)をウンと安く設定しているプランです。時間帯によって単価が変わるプランは他社にもありますが、休日の昼間に通常の単価で使えるというメリットがあります。


 このプランを一番活かせるのは、夫婦2人暮らし・共働きの世帯です。特に、お二人とも残業で帰りが遅くなるようなライフスタイルだと効果は抜群でしょう。
 朝から夜まで誰も家にいないご家庭にはおすすめですが、そうでなければ逆に割高になる可能性が高いです。


公式サイト(申込み)

「環境に良い」の中身は不明


 ネットの投稿などを見ていると「洸陽電機は再エネでエコ」と思っている人が多いようです。
 確かに、冒頭でも説明したように自社で小水力発電所や地熱発電所を多数保有していますし、公式HPにも「多様な再生可能エネルギーを開発・推進しています」と一番目立つところに大きく表示しています。


 ですが、今のところ洸陽電機では電源構成を明らかにしていません。
 また、再生可能エネルギーの割合も不明です。「環境に良い」というイメージばかりが先行しているように感じます。


 参考までに、環境省を通じて既に公表されているCO2排出係数を見ると、洸陽電機のCO2排出量は関電と比べて約10%少ないことが分かります。この水準は新電力としてはいたって平均的なレベルです。関西圏で圧倒的シェアを誇る大阪ガスは、関電と比べて29%も排出量が少ないので、洸陽の水準が際立って環境にやさしいとは言えない、ということが分かりますね。




関連記事

新電力の選び方〜選ぶポイントはここ!

新電力を選ぶ「3つの」ポイントを紹介します。

セット割でお得に選ぶ新電力

ガスや携帯電話料金とセットでお得になる新電力

新電力の口コミ・評判

各電力会社の口コミや評判を掲載しています

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A