熊本電力の電気料金プランやセット割を詳しく解説

熊本電力の概要


親会社 TakeEnergyCorporation 電力調達 他社提携発電所
将来的には県内再エネ
供給エリア 東京、九州電力エリア 契約条件 東電エリア 40A以上
九電エリア 30A以上

特徴


・熊本県内に最初に設立された電力会社
・親会社のTakeEnergyCorporation社は太陽光発電所の経営・管理
・熊本県内への自然エネルギーの普及とクリーンなエネルギーの提供が目標


 熊本電力は、太陽光発電所の運営などを手掛けるTakeEnergyCorporation(テイクエナジーコーポレーション)が設立母体の地域新電力です。熊本県内初の新電力として経産省の登録を受けました。


 現状では卸取引所を通じて電気を調達するそうですが、今後は熊本県内を中心とした再生可能エネルギーの調達を進めていくとしています。


 2016年4月に起きた熊本地震では、本社を置く菊陽町や近隣の病院などに支援物資の提供を行うなど、精力的に救援活動に関わっています。熊本の復興を支援するという意味においても、注目していきたい新電力の一つです。




料金プラン


 2017年4月に大幅な値下げを実施しました。


お得率の目安


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


関東電力エリア
世帯人数→
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
お得率
年間節約額
40A以上で契約可 40A以上で契約可 -10.9%
-14256円
-11.9%
-17899円
標準的な世帯の場合

 契約は40A以上からとなりますが、関東でトップクラスの低料金を実現しています。東電の「従量電灯B」(一般的なプラン)からの乗り換えであれば、使用量が少なくても割高になることはないので、安心して契約できる料金体系です。


関東地方の電力会社の料金ランキング

東京電力エリアの電力会社の電気料金比較表(関東)

関東地方の新電力の電気料金を一挙に比較できます

九州電力エリア
世帯人数→
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
お得率
年間節約額
30A以上で契約可 -8.2%
-8091円
-9.7%
-11162円
-10.8%
-14325円
標準的な世帯の場合

 2017年4月の値下げで、九州地方でもトップクラスの低料金となりました。
 基本料が九電と比べて50%オフ、従量料金が200kWhまでは九電と同額でそれ以上が割安に設定されています。


九州の電力会社の電気料金ランキング

九州エリアの電力会社の料金比較表

九州の新電力の電気料金を一挙に比較できます


セット割


 今のところ未導入です


解約時の違約金は?


 家庭向けのプランに関しては、違約金等は発生しないとの回答を得ています。
 (契約上は1年契約)




関連記事

地域別 電気料金プランの比較表

地域別に電力会社の電気料金プランを一挙に比較できます

新電力の選び方〜選ぶポイントはここ!

新電力を選ぶ「3つの」ポイントを紹介します。

セット割でお得に選ぶ新電力

ガスや携帯電話料金とセットでお得になる新電力

新電力の口コミ・評判

各電力会社の口コミや評判を掲載しています

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A