みやまスマートエネルギー(みやまんでんき)の料金プランやセット割を解説

みやまんでんきの概要

親会社 みやま市、筑邦銀行など 電力調達 太陽光、他は九電など
供給エリア 九州電力エリア 契約条件 30A以上

特徴

・福岡県みやま市が中心となって設立した「地域新電力」
・みやま市の水道などとのセット料金も
・高齢者見守りサービスなどの付加価値も


太陽光発電  みやま市は55%を出資する筆頭株主で、初年度の売り上げ目標は市内の公共施設、民間企業に対して1.4億円を計画しています。電力自由化後の2018年には14億円を目指しています。それをベースに、電力と市民への生活支援サービスをセットすることで、暮らしやすく、魅力的なみやま市の創造と、九州の中で一歩先に行くスマートコミュニティーの創設に尽力するとしています。
 また、HEMS(家庭向けエネルギー管理システム)のモニターをしていることから、本格的な導入が始まりますが、これにはエネルギーの使用状況をチェックするだけでなく、家庭用太陽光余剰電力の買取りサービスや、電気・ガス料金プラン、診断サービス、仮想電気料金プランと電気クーポンサービス、そして、高齢者見守り・健康サービスなどが組み込まれています。
この他にも、食事、日用品の買い物・宅配、病院の予約・確認などがタブレットやスマートフォン、パソコンで管理できるようになることで、市民にとってのサービスの質が、ただ単なるセット販売やポイントサービスとは視点が違うだけに、既存の電力会社にとっては脅威になるかも知れません。




料金プラン

お得率の目安

 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


世帯人数→ 1人 2人 3人 4人
お得率
年間節約額
実質契約不可 -0.9%
-842円
-1.5%
-1679円
-1.8%
-2455円
標準的な世帯の場合

 九州電力よりは安いですが、他の新電力と比べると見劣りします。
 ですが、「みやまでんき」設立の経緯などを考えれば、他と比べて多少高い電気料金も充分許容できるはずです(少なくとも九電よりは安いですし) これまで「電気料金」という形で市外に流出していたお金が、市内を中心に循環するようになる、というのは地域振興に大いに役立ちます。


セット割
セット割対象サービス 詳細 割引額
みやま市の水道 水道とのセット割引 毎月50円引き
(年間600円)
家族割 九州エリア内で、離れて暮らす
親世帯と子世帯が
一緒に契約する
毎月50円引き
(年間600円)

 いずれか一つの割引を適用可能です。


口コミ・評判

 みやま市は日照時間が長く、太陽光発電設備の導入がさかんに行われてきました。晴れた日は、市内の電気を全て市内での発電で賄える、という程だそうです。こうした市の特徴を活かした形での展開が期待されています。


 一見すると、みやま市民専用の電力会社という感じもしますが、決してそんなことはありません。今話題の「ふるさと納税」と同じ感覚で、みやま市を応援したいという人が契約するのもアリだと思います(離島を除く、九州全域で利用可能)


電源構成


みやまスマートエネルギー
火力再生可能エネルギー原子力その他CO2排出
水力バイオマス太陽光その他FIT電気再エネ小計
5% 40% 40% 55% 0.574
(0.525)




関連記事

九州の電力会社の料金ランキング

九州電力エリアにおすすめの電力会社

九州の新電力の料金を一挙に比較できます

環境にやさしいエコな電力会社

再生可能エネルギーを選べるエコなプランを一覧で紹介しています

セット割でお得に選ぶ新電力

ガスや携帯電話料金とセットでお得になる新電力

地元の電力会社「地域新電力」を選ぼう

エコな電気と、地元に雇用を生み出す「地域新電力」とは?

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A