楽天エナジー(まちでんき)の料金プランやセット割を詳しく解説

楽天エナジーの概要

親会社 楽天 電力調達 丸紅新電力
供給エリア 北海道、東京、関西、九州電力エリア 契約条件 30A以上

特徴

・丸紅新電力から調達した電気を供給
・楽天スーパーポイントの還元は無し
・解約時の違約金なし
・サイト上で電気使用量を確認できる「見える化サービス」で差別化


楽天の電力  ネットショッピングモール「楽天市場」だけでなく、銀行やカードなどの金融業、楽天モバイルなどの通信分野にも積極的に参入中の楽天。2014年10月からは、大手総合商社「丸紅」と電力小売り分野での業務提携を進めてきました


 電気の調達は丸紅子会社の丸紅新電力からで、料金プランもそちらと「ほぼ一緒」です。しかし残念ながら、基本料金相当分が120円前後高い(40Aで調査)ため、その分楽天エナジーの方が料金が高いです。違いはセット割引の有無くらいでしょう。




料金プラン

お得率の目安

 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


北海道電力エリア
世帯人数→ 1人 2人 3人 4人
お得率
年間節約額
実質契約不可 -4.0%
-5169円
-4.6%
-6916円
-5.1%
-8784円

 丸紅新電力は北海道エリアで最安値水準の料金を実現していますが、楽天エナジーはそれより毎月100円少々高いため、お得率は上位集団から外れています。


北海道の電力会社の料金ランキング

北海道電力エリアにおすすめの電力会社

北海道の新電力の料金を一挙に比較できます

東京電力エリア
世帯人数→ 1人 2人 3人 4人
お得率
年間節約額
実質契約不可 +2.3%
+2542円
-2.2%
-2902円
-3.4%
-5145円

 お得率は、新電力としては下位レベルと言わざるを得ません。
 特に、30Aの基本料金は40Aと同一に設定されているため、30Aで契約している方は東電より割高になる可能性が大きいです。


関東地方の電力会社の料金ランキング

東京電力エリアにおすすめの電力会社

関東地方の新電力の料金を一挙に比較できます

関西電力エリア
世帯人数→ 1人 2人 3人 4人
お得率
年間節約額
+56%
+28756円
-3.8%
-4447円
-5.8%
-7760円
-7.5%
-11304円

 お得率は上位集団に一歩及ばず、といったところです。
 月250kWhまでが6630.24円と一定額で、それ以上の使用量の分が関電よりもお得になっています。


近畿地方の電力会社の料金ランキング

関西電力エリアにおすすめの電力会社

関電管内の新電力の料金を一挙に比較できます

九州電力エリア
世帯人数→ 1人 2人 3人 4人
お得率
年間節約額
実質契約不可 -0.5%
-469円
-1.5%
-1727円
-2.3%
-3070円

 お得率はビリから数えた方が早いです。


九州の電力会社の料金ランキング

九州電力エリアにおすすめの電力会社

九州の新電力の料金を一挙に比較できます


セット割

 主なセット割引は以下の通りです。他に楽天の動画配信サービスやゴルフ場予約サイトの割引クーポンもあります。既にこうしたサービスを利用している方には魅力的かもしれませんし、丸紅新電力ではなく楽天エナジーを選ぶ理由になりそうですが、全体として小粒感が否めないと感じるのは私だけでしょうか?


セット割対象サービス 詳細 割引額
楽天マート(ネットスーパー) クーポン配布 毎月200円引き
(年間2400円)
電子書籍 Koboの10%オフクーポンを毎月配布



関連記事

新電力の選び方〜選ぶポイントはここ!

新電力を選ぶ「3つの」ポイントを紹介します。

セット割でお得に選ぶ新電力

ガスや携帯電話料金とセットでお得になる新電力

新電力の口コミ・評判

各電力会社の口コミや評判を掲載しています

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A