東京ガスの電気料金プランやセット割、デメリットなど

東京ガスの概要

親会社 東京ガス 電力調達 ガス火力発電所
供給エリア 東京電力エリア 契約条件 30A以上

特徴

・セット割引や特典が充実
・トータルで関東「最安値圏」の料金
・自社LNG火力発電所で供給電力の100%をまかなう
・新電力としてはダントツ国内最多の契約数を獲得


東京ガスも電力事業に参入  首都圏を中心に都市ガスの供給を手がける東京ガスが、電力自由化で注目を集めています。広瀬すずさんや妻夫木聡さんを起用した宣伝を積極的に行うだけでなく、都市ガス設備の販売・点検網を生かした地道な営業活動により、新電力としてはダントツで最多の50万件の契約を獲得しました。
 2017年4月の都市ガス自由化を控え、会社の存亡を掛けて電力事業に挑んでいます。


 肝心のサービスについては、電気料金は関東で最安値ではないものの、最安値圏と評価出来る水準です。東京ガスという安心感と、自社運営の発電所で100%の電気をまかなえる、という点でも安心して選べる新電力の一つです。



料金プラン


お得率の目安

 東京ガスへの乗り換えで、電気料金が年間どれくらい安くなるのでしょうか。
世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


世帯人数→
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
ガスとのセット契約 実質契約不可 -7.6%
-8423円
-8.4%
-10872円
-8.9%
-13362円
電気のみ 実質契約不可 -4.7%
-5232円
-5.9%
-7680円
-6.8%
-10171円
標準的な世帯の場合

 東京ガスのガスとセット契約にすれば、東京電力管内ではトップクラスの安さを実現しています。


ポイントによる割引も充実  なお、上で紹介している試算にはポイント還元「1.5%」も組み込んでいます。毎月の電気料金に応じて、東京ガス独自のポイントが付き、これをTポイントや楽天スーパーポイント、Pontaなどに交換出来るという制度です。ポイントなんて面倒なものは使わないよ、という人はそれぞれのお得率に1.5%を加算してください。


関東地方の電力会社の料金ランキング

東京電力エリアの電力会社の電気料金比較表(関東)

関東地方の新電力の電気料金を一挙に比較できます

電気料金の比較シュミレーター

セット割・特典


セット割対象サービス 詳細 割引額
ガス 都市ガスとセット契約 毎月270円引き
(年間3240円)
光+プロバイダー OCN So-net BIGLOBE plala
などのプロバイダーが対象
最大300円引き
(年間3600円)
生活まわり
駆けつけサービス
水回り、鍵、ガラスなどの
トラブル発生時に無料駆けつけ
2年間無料
(総額9600円相当)
クックパッド有料機能 「人気順検索」が利用できる 無料

ネットもお得に  セット割引の内容も恐ろしいほどに充実しています。
 ネットのセット割引は大手プロバイダーの多くと提携し、会社によって異なりますが毎月100〜300円の割引が受けられます。仮に200円引き(So-net)として、ガスセット割やポイント還元など諸々含めて以下のような「お得額」になります。


世帯人数→
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
お得率
年間節約額
実質契約不可 -9.7%
-10787円
-10.2%
-13236円
-10.5%
-15726円


環境面ではデメリットも


 電気料金の安さはトップクラス。東京ガスというブランド力と、豊富な自前の発電所に裏付けされた安定性や、顧客サービス網の充実ぶりなどを見ても「関東最強の新電力」と言えるでしょう。


環境・エコという面では劣る石炭火力  しかし、気になる点もあります。原発2基分にも相当する、大規模な石炭火力発電所の建設を計画しているという点です。石炭火力は発電コストが低い一方で、LNG(液化天然ガス)発電の2倍近い二酸化炭素を排出するので、国際的には撤廃の流れが強まっています。エコという面では、デメリットがあると言えるでしょう。


電源構成は?


 現在の電源構成は、100%LNG火力発電となっています。
 二酸化炭素排出係数はまだ公表されていませんが、東京電力より小さな値になっているはずです(つまり、東電よりCO2排出が少ない) 石炭火力発電所が稼働するのは2020年代の予定なので、それまでは比較的環境負荷の小さな電気を利用出来そうです。


割高になるケースもあります


 お得な東京ガスの料金プランですが、割高になるケースもあります。


オール電化世帯が東京ガスと契約すると

 とても安い東京ガスの電気ですが、東電のオール電化プラン(電化上手)からの乗り換えでは非常に大きく値上がりします。


 オール電化の家庭におすすめの電力会社で詳しい試算を公開していますが、いま毎月1.5万円を東電に支払っているご家庭では、東京ガスに乗り換えると2万円を越えるようになります。なんと、毎月5千円も高くなるのです。電化上手で契約中のご家庭は、オール電化プランが出てくるまで絶対に乗り換えないでください。


一人暮らし世帯が東京ガスと契約すると

 一人暮らしに多い15Aや20Aを使っているお家では、東京ガスと契約できません。また、わざわざ30Aに上げて契約すると、月に361円高くなる(20→30A 標準的な使用量の場合)ので無意味です。


 では、元々30Aで契約している一人暮らし世帯はどうでしょうか。この場合も、東電より高くなりそうです。東京ガスが安くなるのは、月200kWh前後(ガスのセット割引適用の場合)という使用量からで、それ以下では逆に東電より割高になります。一人暮らしの平均は170kWh程度ですから、微妙ですね(関連記事:一人暮らし世帯におすすめの電力会社


 ちなみに、二人暮らしでエコ生活(平均使用量の半分!)を送っている我が家も、東京ガスを選ぶと割高になるという試算が出ています。二人暮らし世帯で使用量が少ないご家庭(共働きとか)も注意した方がいいです。



関連記事


関東地方の電力会社の料金ランキング

東京電力エリアにおすすめの電力会社

関東地方の新電力の料金を一挙に比較できます

セット割でお得に選ぶ新電力

ガスや携帯電話料金とセットでお得になる新電力

都市ガス自由化比較サイト

家庭のガス会社も選べる時代がやってきます! 2017年小売自由化へ

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A