東芝の口コミ・評判は?【新電力】

東芝の特徴

 ・日本8大電機メーカーの1つ
 ・電力買い取り価格にも期待!
 ・世界最高効率のソーラーパネルを国内で独占販売


概要

東芝  1875年創業の総合電機メーカー「東芝」も電力小売り分野への参入を表明しています。一般消費者には「生活家電」のイメージが強い会社ですが、東芝では医療機器や軍事機器製造など幅広く事業を展開中。特に近年力を入れている太陽光発電事業では、世界最高効率のソーラーパネル(米サンパワー製)の国内独占販売によって急速にシェアを広げてきました。今回、電力小売り分野への進出を決めたのも、好調な太陽光発電事業のさらなるシェア拡大のためという意味合いが強そうです。
 今後は固定価格を上回る値段での電力買い取りを軸とした総合エネルギー事業展開を目指していくとのこと。小売り用電力は、太陽光発電システムを設置している家庭(または企業)からの買い取りや、卸電力取引所で調達していくようです。



予想供給エリア

 東芝の電力供給エリアに関する情報はまだ明らかにされていませんが、市場規模の大きい首都圏や関西圏ではスタートダッシュを切るでしょう。その後は様子を見ながらじょじょにエリアを拡大していく…というパターンが予想されます。 


口コミ・評判

 国内8大家電メーカーに数えられるほどの東芝のブランド力は魅力的。そして安定感も抜群です。「徹底的なコストダウンで供給原価低減に努める」ということですので、価格面も大いに期待しましょう。そして生活家電を長年取り扱ってきた会社ならではの、消費者のニーズに合わせたよりきめ細やかなプランの登場も待ち望まれます。
 東芝が取り入れようとしているのは、太陽光発電システム、省エネ機器、電力売買契約…と組み合わせれば組み合わせるほどお得度がアップするシステム。これから太陽光パネルや省エネ機器の導入を考えている方には、要チェックな新電力です。



地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A