ウエスト電力の口コミ・評判は?

ウエスト電力の特徴

 ・発電設備施工〜電力売買までトータルサポート
 ・電力買い取り価格にも期待
 ・建設会社ならではのスマートシティ構想


概要

 1981年の創業以来、建設業、建物保安事業、そして太陽光発電へと徐々に事業を拡大してきたウエストホールディングスが2014年に売買電に特化した子会社として設立した新電力です。ウエスト電力が目指しているのは、地域内でエネルギーの地産地消が可能なスマートシティの実現。グループ内の企業が手掛けた発電所、家庭用発電システム全てが電力供給源となり、その構想を支えていくことになります。発電設備と同時に蓄電池の備蓄も推奨しており、電力分散型のスマートシティの利点を生かした災害に強い街作りも目指しています。


予想供給エリア

 2015年中にも6つの子会社を地域電力会社と同じエリアに設けるとの事から、おそらく需要の見込める東京、中部、関西、九州エリアなどから供給を開始するのではないでしょうか。


口コミ・評判

 ウエスト電力自体はまだ新しい会社ですが、グループ全体で見ると創業約40年という歴史ある会社。そしてこの2年でメガソーラーを120基設置、一般家庭や公共施設への太陽光発電システム設置設計を4000件以上手がけています。それぞれの地元企業から出資を募る事で、各地域それぞれの子会社においてもより盤石な経営基盤を整えていくでしょう。肝心の電力小売り料金については地域電力会社より5%安く設定する方針を固め、寒冷地向けプランやピークシフトプランなど多種多様なプランにも期待できそうです。また、業界最高値になる可能性もある電力買い取り価格にも注目しておきましょう。



地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A