ポット型浄水器で31101円節約

ミネラルウォーターはポット型浄水器で作る!

ミネラルウォーターのペットボトルを買い置きするのはもうやめましょう。 「ポット型浄水器」なら、自宅で安心して飲める水が手軽に経済的に作れます。


利回り
年間節約額
初期投資
メリット
デメリット
617%
31101円
1814円
・ポットに水を入れるだけなので簡単に使える
・飲料水、料理などにケチらず使える
・ゴミが出ない(ゴミ袋代も節約)
・洗浄が必要になる
・定期的にカートリッジ交換の必要がある


これだけで年間30000円も節約効果が!

世界一安全だと言われる日本の水道水ですが、やっぱり飲料水にするのは抵抗がある方は多いですね。 ミネラルウォーターのペットボトルを常備しているご家庭は、少なくありません。


もし1日に2Lのミネラルウォーターを1本消費すると、年間36000円! これをポット型浄水器に替えた場合は、初期投資と水道代を含めて5000円以下。 なんと30000円以上も一気に節約できてしまうんです。 もちろん、料理に使ったりコーヒーを沸かすのに使ったりと、1日2Lでは足りないご家庭もあるでしょうが、安心してください。 節約的投資と言うのは、使えば使うほど得をする仕組みになっています。 元々4L、8L、とじゃぶじゃぶミネラルウォーターを消費していた家庭なら、節約額も2倍4倍になるわけです。 利回りはどの場合も617%、方法の手軽さを考えると十分すぎるほどです。


もう、遠慮なく使っていいんです!

自宅のミネラルウォーターをポット型浄水器に替えた場合のメリットは、とにかく惜しげもなく使えるという事! 今までは、お茶やミルク、コーヒーなどの飲料用だけに使っていたとしても、これからは我慢する必要はありません。 お米や野菜を洗う時、出来れば安全なミネラルウォーターを使いたいですよね。 また、ポットに水を入れておくだけ、と使用法が簡単なのもこの方法のメリットですから、一人暮らしでの方でも面倒くさがらずに手軽に実行できます。


ただし、メンテナンスは必須!

この方法のデメリットは、定期的にカートリッジを購入、交換しないといけないという事です。 1カートリッジあたり200Lの水を浄化できるとされていますから、それを超えると効果は期待できなくなってしまいます。 交換自体はそんなに難しくはありませんが、少しでも手間を省くためにある程度まとめ買いをしておくといいでしょう。 また、当たり前ですが、日々の洗浄もしっかり行わないといけません。 せっかく安全な水を手軽に作れるのに、肝心のポットが汚れていては意味がありませんからね。 これらのデメリットとメリットを踏まえて、無理のない範囲で実行してみましょう。




地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A