着る毛布&ネックウォーマーで7980円節約

エアコンの設定温度を下げて、防寒グッズで節約!

冬場はついついつけっぱなしにしてしまう暖房器具。 こまめにオンオフを繰り返すより、設定温度を3度下げて着る毛布やネックウォーマーで効率良く温まりましょう。


利回り
年間節約額
初期投資
メリット
デメリット
450%
7980円
980円
着る毛布
790円
ネックウォーマー
・ファッションアイテムとしても楽しめる
・設定温度で家族間でもめない
・体調に合わせて調整できる
・ネックウォーマーは喉を保護して風邪予防になる
・着る毛布はやや動きにくい
・洗濯物が増える


これだけで電気代が10000円も下がる!

冬場も、夏場と同様にエアコン代がかさみますよね。。 だからと言ってエアコンのオンオフを繰り返していると、逆に電力の消費量は上がってしまいます。 結構やりがちですが、これは電気代の節約方法としては正しくありません。


エアコンを使いながらも上手に節約するためには、冬場ならまず「設定温度を3度下げる」事。 これによって、電気代は1時間あたり13円安くなります。 もし、毎日5時間エアコンを使うとしたら、1シーズン(11月〜3月)で10000円近くも電気代が安くなるんですね。 1か月で2000円ともなれば、エアコンを使わない季節とほとんど変わらない電気代になるご家庭もあるかもしれません。 ・・・もちろん、ただ設定温度を下げるだけでは寒くて風邪をひいてしまいます。 室内での防寒対策には、近頃人気の着る毛布やネックウォーマーがおすすめです。 両方買っても2000円でお釣りが来ますから、最終的な節約金額は8000円。 もちろん翌年以降はこの費用がかからないので、約10000円がまるまるお得になります。


何かとお得な着る毛布&ネックウォーマー

比較的女性は寒がりで、男性は暑がりが多い、と言う傾向はありますよね。 そんな時に体温調整がしやすい着る毛布があれば、家庭内でエアコンの設定温度でもめる事も少なくなるはずです。 設定温度を低めにしてお父さんはパジャマで、お母さんやお姉ちゃんはその上から着る毛布を羽織って、という具合ですね。


また、「風邪は喉元から」とも言いますから、ネックウォーマーは風邪予防にも一役買ってくれそうです。 節約もできて家庭内のもめ事も減って(笑)、ついでに風邪予防もできるなんて一石三鳥ですよね。


デメリットは、リラックスしすぎてしまう事?!

この着る毛布のデメリットは、ちょっと動きにくくなる事でしょうか。 いくら気持ちいいからと言って、毛布を引きずって料理や掃除をするわけにはいきません。 体を動かしている間はそんなに寒さは感じないでしょうから、家事を全部済ませたリラックスタイムに使用しましょう。




地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A