美容室におすすめの電力会社

美容室の電気代を安くできる電力会社を紹介します


 電気代が高くて困っている美容室経営者の皆さんに向けて、全国の446社・5181プランから電気代が「安い」電力会社を紹介します。



電気代の負担が大きい美容室


 まずは美容室の電気代の特徴を解説します。


消費電力が大きな機器を使う必要がある


美容室のドライヤー


 美容室は他のサービス業と比較して、経費全体に占める電気代の比率が高い業種と言えます。


 例えば業務用のヘアドライヤーの消費電力は1400Wと大きいです。他にもサービスを提供するにあたって必要な機器の中には消費電力が大きなものが少なくなく、電気代の負担は小さくありません。


 一般的な美容室の1ヶ月の電気代は3万円前後と言われており、客単価に換算すると毎月5人前後分に相当するでしょう。電気代の削減は利益率を高める上で重要な戦略の一つと言えます。


電力会社の切り替えで年間6万円以上の削減に


 1ヶ月の電気代が3万円前後かかる美容室の場合、最安値水準の新電力会社に契約を切り替えるだけで年間6万円以上、率にして2割前後削減することが可能です。


3段階制料金プラン

3段階制料金プラン

 日本の電気料金プランは3段階制といって、使用量が増えるごとに料金単価が3段階で高くなる料金体系を取っています。これはオイルショックを機に、節電を促す目的で当時の一般家庭を念頭に設計された制度ですが、美容室のように電気を多く使うビジネスでは電気代の負担が大きくなります(電力会社にとっては利益率が高い顧客となる)


 電力自由化で参入した新電力は、大手電力会社が割高に設定し利益率が高い3段階目の料金単価を引き下げた料金プランを提供しています。一人暮らし世帯のように電気をあまり使わない場合には新電力のメリットは薄くなりますが、美容室のように電気を多く使う場合は、新電力のメリットが大きなものとなります。


電力会社を切り替えるリスクは


 電気代を削減出来るからといって、営業中に停電するようなことがあってはなりません。気になるのが「安全性」です。


 電力自由化では電力の販売が自由化され、そこに多くの企業が参入しています。一方、電気を各商店や家庭に届ける「送配電」については引き続き地域に1社ずつの送配電会社が担っており、どの電力会社・新電力と契約しても同じ電線を通じて電気が届けられます。


美容室


 したがって、どの電力会社と契約していても、全く同じように停電・復旧します。また、契約していた新電力が倒産などで電力の供給を突然終了した場合は、送配電会社が電力供給を一定期間継続するルールとなっています。倒産した新電力は既に何社もありますが、一定期間内に手続きをすれば停電することなく電気の使用を継続することが出来ます。


 したがって、供給面でのリスクはどの会社と契約しても変わらないと言えます。


美容室におすすめの電力会社


 以下の料金一括シミュレーションから確認してください。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A