病院・歯科医院の電気代が安くなるおすすめの電力会社

病院・歯科医院の電気料金を削減できるおすすめの電力会社


 医療設備に少なくない電力を必要とする病院や歯科医院。その電気代を大幅に削減できる電力会社を全国404社から厳選して紹介します。筆者は産経新聞、週刊女性自身などメディア取材を受ける電力自由化の専門家です。



電力会社を切り替えことで電気代の削減が可能


 電力会社を切り替え、最適なプランを契約することで電気代を削減することが出来ます。手順や仕組みを詳しく解説します。


2割以上の削減が可能なケースも珍しくない


病院


 病院や歯科医院は、その規模によりますが電気の使用量が一般家庭と比較して大幅に大きいです。様々な医療設備あるいは施設の空調などに大量の電力を必要とします。


 そこで、電力自由化によって新たに電力小売事業に参入した「新電力」に契約を切り替えることで、平均的な診療所や歯科医院の場合、電気代を20%前後削減することが出来ます。


電気代を削減できる理由


 新電力に切り替えることで電気代を削減できる理由は以下のとおりです。


 日本の電気料金プラン(低圧向け)は、使用量が増えるごとに料金単価が3段階で高くなる料金体系をとっています。1段階目は低廉な料金単価で電力会社にとって利益率が非常に低く、3段階目は単価が高いため利幅も大きいです。3段階目(300kWh超)の料金単価が大手電力会社の利益の源泉とも言われています。


3段階制料金プラン

3段階制料金プラン

 この3段階制の料金プランはオイルショックを機に、節電を促す目的で当時の一般家庭をモデルに設計されたものです。病院・歯科医院のような業務用用途では電気の使用量が大きいため、使用量に占める3段階目の料金(最も高い)の比重が大きなものとなります。


 電力自由化によって参入した新電力は、主にこの3段階目の料金単価を大手電力会社と比較して大幅に割り引いたプランを提供しています。病院や歯科医院といった業務用用途は新電力の料金プランとの相性が良いといえます。


重要な「供給の安定性」について


 医療施設で特に重要なのが、電力供給の安定性です。安い電力会社と契約したがために、治療中に停電するような事態があってはなりません。


 電力自由化では、電気を各契約者に届けるルート(送配電網)は引き続き地域に1社の送配電会社が担っています。大手電力会社の小売部門も新電力と同様に、送配電会社(大手電力会社の送配電部門である場合もある)の送配電網を借りる形で電力を販売しています。


電線

どの電力会社と契約しても電線は同じ

 電力の安定供給は引き続き送配電会社が責任をもって行っており、特定の電力会社の契約者だけが停電するような事態は起きない仕組みです。また、仮に契約した電力会社が倒産した場合でも、一定期間は送配電会社が代わって電力供給を継続するため、突然停電するような事態も発生しません。既に倒産した新電力が数社ありますが、期限内に手続きをすることで引き続き電力の供給を受けることが可能です。


 災害発生時についても、契約している電力会社による差はありません。大手電力の小売部門も、新電力も、送配電網の使用料金として「託送料金」を同額支払っているため、差別されることはありません。


 参考までに、全国各地の国公立病院でも競争入札により新電力が電力供給を担っているところが多数あります。


病院・歯科医院におすすめの電力会社


 本題の、病院や歯科医院、診療所におすすめの電力会社を紹介します。


電灯契約の切り替え


 「従量電灯」を始めとする電灯契約の切り替えには熊本電力がおすすめです。名前のとおり熊本に本社を置く新電力ですが、沖縄・離島を除く全国に対応しています。


熊本電力のマイページ

マイページから電気使用量を確認できる機能も

 熊本電力は使用量が多い場合に、大手電力会社と比較して割安になる料金プランを提供しています。毎月の使用量が1000kWhを超えるようなケースでは最安値、あるいは最安値水準となる料金プランです。例えば東電で20KVa契約、月1200kWhを使う場合、年間約7万円の削減となります。


 また、2019年度からは排出権を利用することでCO2排出量をゼロとしており、環境配慮の観点からも利点があります。



低圧電力(動力)には


 エレベーターや空調、あるいはCTやMRIなどで利用する低圧電力(動力契約)については、新電力の料金プランは大手電力よりも基本料金が割安・電力量料金が割高となっている場合が多いため、切り替えにあたっては注意が必要です。


 地域別に安く利用できる電力会社が異なるため、整理して紹介します。


エリア 安い電力会社
中部
北陸
関西
中国
四国
熊本電力
北海道
東北
東京
九州
ENEOSでんき

 いずれも基本料金が大手電力と比較して割安、電力量料金は同水準のプランです。電灯契約と比較すると削減できる費用は少ないものの、例えば8kWhで700kWh使うと関電と比較して年間約2万円の削減になります。


 電灯契約と動力契約は別々の電力会社と契約することが出来るため、それぞれ最適な料金プランを選ぶことをおすすめします。


ENEOSでんきの公式サイト

高圧・特別高圧契約の場合


 一定規模以上の病院では、契約種別が高圧電力あるいは大病院では特別高圧契約となっている場合があります。


 高圧あるいは特別高圧は「定価があって無い」世界であるため、一概におすすめ出来る電力会社はありません。無料の一括見積りサービスを利用し、複数社から相見積もりを取ることをおすすめします。


サイト名 対応種別 対応地域
スイッチビズ 高圧・特別高圧 全国
エネチェンジ
※電力各社が資本参加
(北陸電力、東京ガス
Looop、昭和シェル)
高圧・特別高圧 全国
新電力ナビ 高圧・特別高圧 全国



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A