中国地方で電気代が安いおすすめ電力会社の比較表

広告

電気料金比較表 中国電力エリア版


中国地方の電力会社の料金比較  中国5県(広島県、山口県、岡山県、鳥取県、島根県)と周辺の離島をカバーしている中国電力。このエリア内に供給している新電力の電気料金を一挙に比較します。


 当サイトでは電気代が高額になる危険がある「市場連動型プラン」の推奨は行いません。

電気料金比較表


 世帯人数ごとの「平均使用量」で試算した、中国電力標準メニューと比較した年間でお得になる金額の目安です(並び順は4人世帯で安い順) 市場連動型プランは料金変動リスクが大きく、また異なる値動きをするため料金比較が成立しないことから試算を掲載していません。


年間節約額
1人世帯
月170kWh
2人世帯
月348kWh
3人世帯
月391kWh
4人世帯
月437kWh
備考
ミツウロコでんき
従量電灯A公式サイト
-210円 -6584円 -8297円 -10129円 解約時の違約金なし
当サイトで申込数7位
出光興産
Sプラン公式サイト
-1884円 -4531円 -5589円 -6720円 解約時の違約金なし
ミツウロコでんき
シングル応援
-1305円 -2836円 -3677円 -4577円 解約時の違約金なし
広島ガス
エコプランM
-2009円 -2009円 -2009円 -2009円 ガス利用者のみ契約可
実質CO2排出量ゼロ
Pontaでんき公式サイト -1800円 -1800円 -1800円 -1800円 解約違約金無し
当サイトで申込数6位
auでんき公式サイト -353円 -1402円 -1592円 -1796円 解約違約金無し
当サイトで申込数8位
au通信回線契約者向け
ソフトバンクでんき
おうちでんき従量電灯A公式サイト
-1320円 -1320円 -1320円 -1320円 解約事務手数料550円
ソフバン通信回線契約者用
当サイトで申込数8位
オクトパスエナジー
グリーンオクトパス
2023-12
+3673円 +5842円 +5940円 +6045円 解約違約金無し
実質CO2排出量ゼロ
Looopでんき
スマートタイムONE公式サイト
試算不能 試算不能 試算不能 試算不能 市場連動型につき
試算不能
解約違約金無し
しろくま電力
従量電灯B公式サイト
試算不能 試算不能 試算不能 試算不能 一部市場連動
解約違約金無し
実質CO2排出量ゼロ
ジャパン電力
くらしプランS公式サイト
試算不能 試算不能 試算不能 試算不能 一部市場連動
1年内の解約で
3千円違約金
UQでんき -353円 -1402円 -1592円 -1796円 解約違約金無し
新規申込終了
ドコモでんき
Basic公式サイト
-669円 -1449円 -1644円 -1853円 回線契約者の料金
解約違約金無し
新規申込み停止中
ドコモでんき
Green公式サイト
+3990円 +1652円 +1066円 +439円 CO2排出量実質ゼロ
回線契約者の料金
解約違約金無し
新規申込み停止中

中国電力エリアでおすすめの電力会社は?


 料金シミュレーションをふまえて、条件ごとに電気代が安いおすすめの電力会社・プランを紹介します。


1人暮らしにおすすめの電力会社


 1人暮らし世帯には、Pontaでんきがおすすめです。


世帯人数・使用条件 年間節約額
1人暮らし
月170kWh
-1800円

 電気料金自体は中国電力の従量電灯(2023年6月の値上げ後)とほぼ同額で、毎月150円分のPontaポイントが付与されて割引になる料金体系です。1人暮らしの平均的な使用条件では最安水準です。


 初期費用や解約違約金などもありません。KDDI系の会社がサービス提供を行います。料金高騰リスクがある市場連動型プランではありません。


 公式サイトからの新規申込みで2000円分のPontaポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。この割引は当サイトの試算には含めていません。Pontaでんき開通月の翌翌月までに特典ポイントが付与されます。



2人以上世帯におすすめの電力会社


 2人以上世帯では、ミツウロコでんき「従量電灯A」がおすすめです。


世帯人数・使用条件 年間節約額
2人世帯
月348kWh
-6584円
3人世帯
月391kWh
-8297円
4人世帯
月437kWh
-10129円

 中国電力エリアでは最安水準の料金プランです。2人世帯の平均使用量で中国電力より年間約6500円、4人世帯の平均使用量では年間10000円安いです。


 解約違約金や初期費用もありません。



オール電化住宅におすすめの電力会社


出光興産


 オール電化住宅には、出光興産の「オール電化プラン」が安いのでおすすめです。上で紹介した電力会社を契約すると、むしろ割高になる場合もあるので注意してください。


 出光でんきのオール電化プランは、大手電力各社の現行のオール電化プランと同じ時間割設定、ほぼ同じ料金単価設定で、基本料金が割安に設定されている分、お得になる料金体系です。解約違約金や初期費用も無く、また電気代高騰リスクがある市場連動型プランにも該当しないため安心して契約できます。


 出光のガソリンスタンドでの給油がリッター2円引き、もしくは電気自動車を所有している場合は電気代が月200円割引になる特典もあります。



料金高騰リスクがある料金メニューに注意


 卸電力取引所の電力取引価格を電気料金に反映する料金メニュー(市場連動型プラン電源調達調整費など)が増加しています。


 卸電力取引所での電力取引価格は燃料価格の高騰や電力不足により「暴騰」することが近年珍しくありません。こうした料金体系を採用している料金メニューを契約することで、電気代が大幅に高騰するおそれがあります。(下表は東京エリア向けの取引価格の月間平均の推移)


1月 2月 3月 4月 5月
2020年 8.17円 7.59円 7.48円 6.85円 5.75円
2021年 66.53円 8.29円 6.70円 7.05円 6.98円
2022年 23.95円 23.36円 30.76円 21.65円 19.50円

 当サイトではこのようなリスクがある料金プランについて「料金高騰リスクがある」とコメント欄などで注意喚起しているので、参考にしてください。契約後に約款が変更されるケースもあるので、契約後も注意してください。




関連記事

都道府県別記事
広島県で電気代が安いおすすめの電力会社
岡山県で電気代が安いおすすめの電力会社


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

電力自由化Q&A

項目別おすすめ

人気の電力会社