最大1万円安い!北海道でおすすめ電力会社の比較表

広告

電気料金比較表 北海道電力エリア版


北海道の電力会社の料金比較  北海道全域をカバーしているのが北海道電力(ほくでん) 泊原発の停止などの影響で、全国的に見ても料金が高止まりしている状況です。そんな道内の一般家庭で契約できる新電力の料金プランを一覧表で紹介します。


電気料金比較表


 世帯人数ごとの「平均使用量」で試算した、北海道電力標準メニューと比較した年間でお得になる金額の目安です(並び順は4人世帯で安い順) 市場連動型プランは料金変動リスクが大きいため、試算は掲載していません。


年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
備考
オクトパスエナジー
グリーンオクトパス
2023-12公式サイト
-5775円 -14034円 -16761円 -19650円 解約違約金無し
実質CO2排出量ゼロ
当サイトで申込数1位
北海道ガス
従量電灯Bプラス
給湯・暖房割
-3866円 -8486円 -9695円 -10985円 解約時の違約金なし
北ガス契約かつ
対象ガス機器設置の場合
ミツウロコでんき
従量電灯B公式サイト
-270円 -6976円 -8844円 -10842円 解約時の違約金なし
当サイトで申込数6位
出光でんき
Sプラン公式サイト
-744円 -5179円 -6949円 -8842円 解約時の違約金なし
当サイトで申込数4位
北海道ガス
従量電灯Bプラス
-3046円 -6736円 -7675円 -8680円 解約時の違約金なし
北ガスのガスを契約
北海道お得電力
従量電灯B
-2566円 -5470円 -6317円 -7213円 解約事務手数料
3300円
北海道ガス
従量電灯B
-2296円 -5077円 -5784円 -6541円 解約時の違約金なし
電気だけでの契約
エネワンでんき
LLプラン公式サイト
+3927円 -1127円 -3149円 -5302円 電気のみの契約
1年内の解約で3300円
エネワンでんき
Lプラン公式サイト
+97円 -3105円 -3956円 -4856円 電気のみの契約
1年内の解約で3300円
ミツウロコでんき
シングル応援
-247円 -2373円 -3328円 -4349円 解約時の違約金なし
ドコモでんき
Basic公式サイト
-773円 -1653円 -1907円 -2176円 回線契約者の料金
解約違約金無し
auでんき公式サイト -376円 -1566円 -1810円 -2067円 解約違約金無し
Pontaでんき公式サイト -1800円 -1800円 -1800円 -1800円 解約違約金無し
ソフトバンクでんき
おうちでんき従量電灯B公式サイト
-1320円 -1320円 -1320円 -1320円 解約事務手数料550円
エネワンでんき
スタンダード公式サイト
-288円 -432円 -576円 -720円 電気のみの契約
1年内の解約で3300円
ドコモでんき
Green公式サイト
+3678円 +1039円 +276円 -530円 CO2排出量実質ゼロ
回線契約者の料金
解約違約金無し
Looopでんき
スマートタイムONE公式サイト
試算不能 試算不能 試算不能 試算不能 市場連動型につき
試算不能
解約違約金無し
しろくま電力
従量電灯B公式サイト
試算不能 試算不能 試算不能 試算不能 一部市場連動
解約違約金無し
実質CO2排出量ゼロ
ジャパン電力
くらしプランS公式サイト
試算不能 試算不能 試算不能 試算不能 一部市場連動
1年内の解約で
3千円違約金

北海道電力エリアでおすすめの電力会社は?


 料金シミュレーションをふまえて、条件ごとに電気代が安いおすすめの電力会社・プランを紹介します。


北海道で安いオクトパスエナジー


 北海道ではオクトパスエナジーのグリーンオクトパス2023-12が安いです。北海道電力標準メニューとの年間料金比較は以下のとおり。


世帯人数・使用条件 年間節約額
1人世帯
20A契約/月170kWh
-5775円
2人世帯
30A契約/月348kWh
-14034円
3人世帯
40A契約/月391kWh
-16761円
4人世帯
50A契約/月437kWh
-19650円

 オクトパスエナジーは東京ガスと英国の電力大手オクトパスエナジーの合弁会社です。グリーンオクトパス2023-12は実質再エネ100%の電気を供給しており、電気代だけでなく環境面でもメリットがある料金プランです。解約違約金や初期費用の発生もありません。また、電気代高騰リスクがある市場連動型プランにも該当しません。


 当サイトのリンクからオクトパスエナジーに申し込むことで、電気代が最大15000円割引になる「サイト de オクトパス割」を実施しています。初回請求時から12ヶ月にわたり、電気代が毎月1250円割引になります(合計で最大15000円) 途中で解約した場合は割引を受けることはできません。



オール電化住宅には?


オール電化住宅におすすめの電力会社は


 オール電化住宅にお住まいの場合は、新電力はおすすめしません。北海道電力のオール電化用プランの利用をおすすめします。


 出光でんきや北海道ガスなどがオール電化プランを提供しており、料金単価を比較すると北海道電力よりも割安に見えます。しかし北海道電力のオール電化プラン(eタイム3プラスなど)では「暖房融雪割引額」という割引が適用されるのに対し、新電力には基本的にそうした割引が無いため、トータルで見て割高になります。北電で割引が適用されないのであれば、出光でんきオール電化プランがおすすめです。


料金高騰リスクがある料金メニューに注意


 卸電力取引所の電力取引価格を電気料金に反映する料金メニュー(市場連動型プラン電源調達調整費など)が増加しています。


 卸電力取引所での電力取引価格は燃料価格の高騰や電力不足により「暴騰」することが近年珍しくありません。こうした料金体系を採用している料金メニューを契約することで、電気代が大幅に高騰するおそれがあります。(下表は東京エリア向けの取引価格の月間平均の推移)


1月 2月 3月 4月 5月
2020年 8.17円 7.59円 7.48円 6.85円 5.75円
2021年 66.53円 8.29円 6.70円 7.05円 6.98円
2022年 23.95円 23.36円 30.76円 21.65円 19.50円

 当サイトではこのようなリスクがある料金プランについて「料金高騰リスクがある」とコメント欄などで注意喚起しているので、参考にしてください。契約後に約款が変更されるケースもあるので、契約後も注意してください。


法人の方はこちら




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

電力自由化Q&A

項目別おすすめ

人気の電力会社