最大3千円安い!沖縄でおすすめ電力会社の比較表

広告

電気料金比較表 沖縄電力エリア版


沖縄の電力会社の料金ランキング  電力自由化スタート当初は参入する企業が一つも無かった沖縄電力エリア。徐々にではありますが、選択肢が増えつつあります。そんな沖縄で選べる新電力を一覧表で比較します。


電気料金比較表


 世帯人数ごとの「平均使用量」で試算した、沖縄電力標準メニューと比較した年間でお得になる金額の目安です(並び順は4人世帯で安い順 市場連動型プランは料金変動が著しく大きいため試算は掲載していません)


年間節約額
1人世帯
月170kWh
2人世帯
月348kWh
3人世帯
月391kWh
4人世帯
月437kWh
備考
楽天でんき
プランS公式サイト
+2947円 -442円 -2008円 -3682円 解約違約金無し
auでんき
(D)プラン公式サイト
-362円 -1505円 -1705円 -1918円 解約違約金無し
沖縄ガス
従量電灯
-600円 -888円 -1146円 -1422円
ソフトバンクでんき
おうちでんき従量電灯B公式サイト
-1320円 -1320円 -1320円 -1320円 通信契約者向け
解約事務手数料550円
Looopでんき
スマートタイムONE公式サイト
試算不能 試算不能 試算不能 試算不能 市場連動型につき
試算不能
解約違約金無し
よかエネ
よかエネSOUTH電灯
試算不能 試算不能 試算不能 試算不能 市場連動型につき
試算不能
解約違約金無し
UQでんき -362円 -1505円 -1705円 -1918円 新規受付終了
UQ回線契約者向け

沖縄でおすすめの電力会社は?


 料金シミュレーションをもとに、条件別におすすめの割安な新電力を紹介します。


1・2人暮らしにおすすめの電力会社


 沖縄で1・2人暮らしの場合、ソフトバンクでんきかauでんきをおすすめします(auでんきはau回線の契約が無い方でも利用可能) 沖縄電力との料金比較は以下のとおり。


条件 年間節約額
1人世帯
月170kWh
2人世帯
月348kWh
auでんき -362円 -1505円
ソフトバンクでんき
通信契約者
-1320円 -1320円

 ソフトバンクのスマホやネット回線を契約している場合は、ソフトバンクでんきが安いです。通信回線1回線につき110円/月(2年目まで)の割引があります。当サイトの試算では1回線分の割引を含めています。解約時に550円の解約事務手数料が掛かります。


 ソフトバンクの通信回線を利用していない方にはauでんきがおすすめです。ポイント還元により、沖縄電力より実質約0.5〜1%安くなります。解約違約金や初期費用などもありません、



3人以上世帯におすすめの電力会社


 3人以上世帯には楽天でんきがおすすめです。3人以上世帯の平均使用量(月391kWh)では沖縄ガスやauでんきなどよりも安いです。また、解約違約金や初期費用もありません。


条件 年間節約額
3人世帯/月391kWh -2008円
4人世帯/月437kWh -3682円

 楽天でんきは沖縄以外のエリアでは、料金が高騰するリスクがある「市場連動型」を採用していますが、沖縄では市場連動型ではないので安心して利用出来ます。


 電気の新規契約3千円分のポイントが付与されるキャンペーンを実施しています。適用には新規契約など諸条件があるので詳細は公式サイトで確認してください。



オール電化住宅には?


オール電化住宅におすすめの電力会社は


 オール電化住宅にお住まいの場合は、新電力はおすすめしません。沖縄電力のオール電化用プラン(Eeホームホリデーなど)の利用をおすすめします。


 現在、沖縄エリア向けにオール電化用プランを提供している新電力会社は見当たりません。オール電化プランは夜間の料金が大幅に安いため、オール電化住宅で一般の料金プランを利用するとむしろ割高になることが多いので注意が必要です。例えば月480kWhを使うオール電化住宅で楽天でんき(非オール電化プラン)を利用した場合、沖電のEeホームホリデーより月に約3500円も高くなります(モデルケースでの試算)


なぜ選べる会社が少ないのか


 なぜ沖縄に電気を供給する新電力が少ないのか、その事情を解説します。


県内で電源の確保が難しい

 新電力が家庭に電気を届けるには、電気をどこかから調達する必要があります。例えば自家発電設備を持っている大規模工場から購入する、といったことを本州の新電力各社は行っています。
 しかし、沖縄では大規模な工場が少なく、そういった自家発電設備を持つ企業が少ないため、電気の調達が難しいと言われています。参入している新電力はいずれも沖縄電力から多くの電気を調達しています。


県内で電源の確保が難しい沖縄県

本州と送電線が接続していない

 北海道や九州、四国はそれぞれ本州との間に送電線網が整備されているので、電力を融通し合うことが可能です。ですが沖縄の場合、それが出来ません。沖縄から鹿児島までの距離は600Km以上あり、送電線網が接続されていません。他の地域から調達するという方法を取ることが出来ません。




関連記事

地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

電力自由化Q&A

項目別おすすめ

人気の電力会社