福岡県で電気代が本当に安いおすすめの電力会社

福岡県で本当に安い電力会社は?


 福岡県内に電気を供給している、電気代が安い電力会社を422社・4590プランの電気料金データベースから厳選して、世帯人数や使用条件ごとに細かく、分かりやすく紹介します。



福岡県で電気代が安い電力会社


 条件ごとに紹介します。


1人暮らしにはENEOSでんき


ENEOSでんき


 一人暮らしの場合は、ENEOSでんきをおすすめします。「2年契約」は一人暮らしの平均使用量(20A契約、月170kWh)では九電の標準メニューより年間1300円程度お得になり、この条件では最安水準の料金プランです。


 途中解約で1100円の違約金が発生しますが、その分通常のプラン(違約金が無い)より更に安いです。また、契約を継続すると3年目から更に料金単価が安くなります。


ENEOSでんきの公式サイト

2人暮らしにはシン・エナジー


 2人暮らしの場合は、シン・エナジーの「きほんプラン」がおすすめです。九州電力の標準プランと比較して、2人暮らしの平均使用量(30A契約・月348kWh)では年間6600円安くなり、最安水準となるプランです。


 解約違約金などの発生もありません。シン・エナジーはJR西日本系やオリックスなどが出資する中堅の新電力会社です。



3人世帯にはジャパン電力


 3人暮らしの家庭には、ジャパン電力をおすすめします。


 3人世帯の平均使用量(40A契約・月391kWh)で試算すると、九州電力の標準メニューと比べて年間10000円安くなり、最安水準となります。個人名義での契約の場合、解約違約金が発生しない点でもおすすめです。


 ジャパン電力は太陽光発電パネルやパネルの製造などを手掛けている会社の新電力サービスです。



4人以上の世帯にはHTBエナジー


HTBエナジー


 4人以上の世帯には、HTBエナジーの「プライムプラン」(50A以上)もしくは「ウルトラプラン」(40A以下)がおすすめです。


 4人世帯の平均使用量(50A契約・月437kWh)で試算すると、九電の標準メニューより年間19000円近く安くなる料金設定で、最安水準と言えます。


 HTBエナジーは大手旅行代理店HISグループの電力会社で、福岡に本社を置き長崎県や大分県などで発電を行っている九州に密着した新電力会社です。


オール電化には出光昭和シェルとLooopでんき


 オール電化住宅では、世帯人数に関係無く以下の新電力をおすすめします。


契約中のプラン おすすめの新電力
九州電力
電化でナイト・セレクト
出光昭和シェル
オール電化プラン
九州電力
季時別電灯
Looopでんき
スマートタイム

 これからオール電化プランを契約する、あるいは九州電力の「電化でナイト・セレクト」を契約中で切り替えを検討している場合は、出光昭和シェルのオール電化プランがおすすめです。
 電力量料金は九電と同じで、基本料金が九電より割安に設定された料金体系です。新電力のオール電化プランは九電より高くなってしまうものも少なくない中、しっかりお得になる料金体系です。解約違約金の発生もありません。


出光昭和シェルの公式サイト

 現在契約しているのが九電の「季時別電灯」の場合は、Looopでんきのオール電化プラン「スマートタイム」に切り替えると安くなる場合があります。
 九電「季時別電灯」からの切り替えに対応している(安くなる可能性がある)新電力のプランがほとんど存在しない中、Looopでんきのスマートタイムは「季時別電灯」よりも年間で7000円程度お得になります(4kW契約・月480kWhのモデルケースの場合)


Looopでんきの公式サイト

福岡県の平均電気料金は


電気料金 110717円
月9226円
50位/52都市中
使用量 4317kWh
月360kWh
43位/52都市中

 総務省「家計調査」(2018〜20年)の福岡市の平均の年間電気料金と、平均使用量のデータです。


 福岡市は全国の政令指定都市の中でも、電気代の支払額が安くそして電気の使用量も少ないといえます。気候が比較的温暖であること、それに加え都市化が進んでいる地域が多く住宅の面積が比較的小さいことが原因として考えられます。


福岡市


福岡県でも「ご当地電力会社」も続々登場


 福岡県内にも地域密着の「地域新電力」が続々登場しています。



 各市町村が出資して設立された新電力会社です。


 各地域で設立され、主に地域での電力供給を目指している新電力会社です。電気代だけで選ぶのではなく、地域社会での経済循環という観点からも選択肢としておすすめです。


 九州はこうした地域新電力の設立が全国的に見てもさかんな地域です。


ガス会社の切り替えも


 ガス会社も乗り換えることで、ガス料金の削減が可能です。都市ガスの場合、電気と同様にウェブからの申込みだけで完了、特に工事などは発生しません。


 西部ガスのエリアを中心に、新規参入のガス会社への乗り換えが可能です。電気とのセット割引を押している会社も多いですが、安い会社を別々に探した方が大幅に安くなるケースが多いです。詳しくは以下の記事で。


関連記事

地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A