栃木県で電気代が本当に安いおすすめの電力会社

栃木県で本当に安い電力会社は?


 栃木県内に電気を供給している、電気代が本当に安い電力会社を446社・5181プランの電気料金データベースから厳選して、世帯人数や使用条件ごとに細かく、分かりやすく紹介します。



栃木県で電気代が安い電力会社


 条件ごとに紹介します。


一般住宅(非オール電化)で安いのは


 現在燃料価格が高騰しているため、燃料価格の変動を電気代に転嫁する「燃料費調整額」に上限が無い料金プランは東電の従量電灯Bよりも電気代が高くなる場合があります。必ず燃料費調整に上限がある料金プランを選んでください(東電でも「スタンダードS」などは上限無し 東京ガスなど多くの新電力には上限がありません)


 燃料費調整に上限がある料金プランは非常に限られていますが、その中でも関東ではコスモでんきが上限を維持しており、東電従量電灯Bよりも料金が安いです。世帯人数別の平均使用量で東電従量電灯Bと料金を比較します。


条件 削減率・年間削減額
スタンダード ポイントプラス
1人世帯
20A・月170kWh
20A契約不可 20A契約不可
2人世帯
30A・月348kWh
-2.2%
-2520円
-4.5%
-5169円
3人世帯
40A・月391kWh
-3.2%
-4320円
-4.5%
-6043円
4人世帯
50A・月437kWh
-4.9%
-7440円
-4.5%
-6965円

 いずれも燃料費調整に上限がある料金プランです。初期費用や解約違約金の発生もありません。20A以下での契約の場合、現在わざわざ契約するメリットがある新電力は無いので東電の従量電灯Bをおすすめします。一人暮らしでも契約容量が30A以上の場合はコスモでんき(ポイントプラスの方)で1%程度電気代が安くなります。


オール電化住宅ではCDエナジー


 東京電力エリアのオール電化住宅では、CDエナジーのオール電化プラン「スマートでんき」がおすすめです。


 基本料金単価、電力量料金単価ともに東電のオール電化プラン(スマートライフS・L)と同額で、ポイント還元の1%分、電気代が安くなります。燃料費調整も東電のスマートライフと同額の設定です。


 初期費用や解約違約金もありません。CDエナジーは大阪ガスと中部電力が共同で設立した新電力会社です。


CDエナジーの公式サイト
初期費用・解約金なし

栃木県の平均電気料金は


電気料金 125058円
月10422円
33位/52都市中
使用量 4619kWh
月384.9kWh
36位/52都市中

 総務省「家計調査」(2018〜2020年)の宇都宮市の平均の年間電気料金と、平均使用量のデータです。


 全国的に見て電気の使用量が少なく、電気代も安いと言えます。県内では日光市や那須など標高が高く平均気温が低い地域も多くありますが、宇都宮市に関しては比較的温暖な気候であるため、電気の使用量が少ないと考えられます。地理的条件が似ている群馬県前橋市と比較すると、宇都宮市の方が電気使用量がやや多いですが共に全国的に見て「少ない」と言える水準です。


那須高原りんどう湖ファミリー牧場

那須高原りんどう湖ファミリー牧場のアルパカ大行進

栃木県の「ご当地電力会社」は?


 全国では地域密着の「地域新電力」が続々登場しています。


 自治体が出資した「地域新電力」も続々と登場していますが、栃木県内では今のところそのような自治体新電力は登場していません。自治体電力はその多くが経営難に陥っており、投入された血税を「溶かす」結果となっているものが目立ちます。栃木県内でそのような自治体新電力が無いことは、良いことと言えるでしょう。


 一方、佐野都市ガスや北日本ガス、とちぎコープなど地元密着の企業は続々と電力自由化に参入しています。地域内での経済循環を考えると、このような地域密着の新電力を選ぶのもおすすめです。


 


関連記事

地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A