二酸化炭素排出量(CO2)が少ない電力会社のランキング

CO2排出量でも電力会社を比較しよう


 環境負荷を見る指標の一つに、「二酸化炭素排出係数」というものがあります。これは1kWhの電気を発電するために排出したCO2(二酸化炭素)の量を表すもので、発電する際の環境負荷が如実に反映されるようになっています。例えばCO2排出係数が「0」なら二酸化炭素を全く排出せずに発電した電気を供給している、ということになります。


1kWhの電気を作るのに排出したCO2の重さ
二酸化炭素排出係数(CO2排出係数)



電力会社のCO2排出量のランキング


CO2排出係数のランキング(新電力編)


 2020年1月発表の2018年度実績データです。主な新電力を抜粋して紹介します。


会社名 CO2排出係数(調整後)
単位:g-CO2/kWh
主な供給地域
Looopでんき 349g
家庭向けプラン
沖縄離島など除く全国
東京ガス 398g 関東
大阪ガス 403g 関西
ハルエネ 463g 離島など除く全国
熊本電力 472g 関東・九州・関西・中部
出光昭和シェル 476g 沖縄離島など除く全国
東急でんき 491g 関東
ミツウロコでんき 493g 沖縄離島など除く全国
ENEOSでんき 494g 関東
エルピオでんき 506g 北海道、北陸など除く
楽天でんき 512g 離島を除く全国
F-Power 513g 沖縄離島など除く全国
エネワンでんき 514g
AIでんき 524g 北陸、沖縄などを除く
SBパワー
(ソフトバンクでんき)
528g 北海道、関東、関西
丸紅新電力 542g 北陸、四国、沖縄、
離島を除く全国
まちエネ 571g 関東
auでんき 574g 全国
HTBエナジー 577g 沖縄・離島除く全国
シン・エナジー 592g
イーレックス 765g 沖縄離島など除く全国
あしたでんき 766g 北海道、沖縄など除く

 CO2排出係数の良し悪しは、必ずしも電気料金の安さと比例していません。


 なお、電力業界が自主的に設定し、環境省や経産省も資料に引用している「2030年度目標」のCO2排出係数は1kWhあたり370gです。上表中で達成しているのはLooopでんきのみです。


大手電力会社編


 2020年1月発表の2018年度実績データ


会社名 CO2排出係数(調整後)
単位:g-CO2/kWh
北海道電力 656g
東北電力 523g
東京電力 462g
中部電力 472g
北陸電力 574g
関西電力 418g
中国電力 636g
四国電力 535g
九州電力 463g
沖縄電力 769g

乗り換えによるCO2削減効果は絶大!


新電力への乗り換えでCO2削減


 月300kWhの電気を使う世帯が、北海道電力からLooopでんきに乗り換えたとしましょう。
 CO2排出係数の差は1kWhあたり307gですから、年間の削減量は1.1トンになります。


 1世帯あたりのCO2排出量は年間で5370Kgで、その内49.0%は電気の使用によるものです(出典:温室効果ガスインベントリオフィス) 電力会社を乗り換えるだけで大幅なCO2排出量削減が可能です。




「調整後」「実排出量」の違いは?


 二酸化炭素排出係数には「調整後」と「実排出量」の二種類の数値があります。


 固定価格買取制度で買い取られた電気(いわゆる「FIT電気」)は、国民全体で負担している「再生可能エネルギー賦課金」を原資として、発電事業者から非常に高い値段で買い取られているものです。


 そのため、特定の電力会社・利用者だけが「皆のお金で買った」FIT電気の恩恵を受けるのは適当でないことから、FIT電気の分のCO2排出量の扱いを区別した数値として「調整後」と「実排出量」の二種類の排出係数が算出されています。


 「調整後」の数値はFIT電気の分のCO2を「全国平均のCO2排出量」で計算し直したもので、「実排出量」の方はFIT電気分を「排出量ゼロ」で計算したものです。


 FIT電気は実際にはCO2を排出していませんが、皆のお金で高く買い取られた電気です。電力会社自らの努力によるものではないため、厳しく見るなら「調整後」排出係数の方を見るのがおすすめです。


CO2排出量「ゼロ」の電気料金プランも


 CO2排出量を「ゼロ」としている電気料金プランもあります。詳しくは以下の記事にまとめてあるので、参考にしてください。




関連記事

地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A