あしたでんきとピタでんの比較


「あしたでんき」、ピタでんともサービスを終了しました。この記事は過去情報です。

あしたでんきとピタでんの比較


 東京電力系新電力の「あしたでんき」と、新電力大手のF-Powerが家庭向けに展開している「ピタでん」 電気代はどちらが安いのか、サービスはどちらが優れているのかなど、電力自由化の専門家として多数のメディア取材を受けてきた私が詳しく比較します。



あしたでんきとピタでんの比較


  あしたでんきとピタでん、何が違うのかあらゆる角度から比較していきます。


料金プランの比較 どちらが安い?


 各地域の大手電力会社の標準的なプランである「従量電灯」と比較して、年間いくらお得になるのか。世帯人数ごとの平均使用量で試算した結果を紹介します。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
あしたでんき
標準プラン
+6.4%
+3166円
-1.5%
-1637円
-5.6%
-7289円
-8.7%
-13060円
ピタでん
使った分だけ
+5.2%
+2575円
-2.6%
-2848円
-6.7%
-8650円
-9.8%
-14581円

 両社とも基本料金0円ですが、電気料金の単価があしたでんきが1kWhあたり26.0円に対し、ピタ電は25.71円なのでその分ピタ電の方が安いです。


 あしたでんきも東北エリアで「最安値水準」ですが、ピタ電はそれを上回ります。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
あしたでんき
標準プラン
+3.2%
+1660円
-4.5%
-5152円
-8.2%
-10942円
-11.0%
-16897円
ピタでん
使った分だけ
+2.1%
+1069円
-5.6%
-6363円
-9.3%
-12303円
-12.0%
-18417円

 両社とも基本料金0円ですが、電気料金の単価があしたでんきが1kWhあたり26.0円に対し、ピタ電は25.71円なのでその分ピタ電の方が安いです。


 あしたでんきも東京電力エリアで「最安値水準」ですが、ピタ電はそれを上回ります。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
あしたでんき
標準プラン
+1.1%
+572円
-3.1%
-3512円
-6.3%
-8213円
-8.7%
-13003円
ピタでん
使った分だけ
-0.2%
-80円
-4.3%
-4848円
-7.5%
-9714円
-9.8%
-14681円

 両社とも基本料金0円ですが、電気料金の単価があしたでんきが1kWhあたり26.0円に対し、ピタ電は25.71円なのでその分ピタ電の方が安いです。


 あしたでんきも中部電力エリアで「最安値水準」ですが、ピタ電はそれを上回ります。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
あしたでんき
標準プラン
-0.5%
-228円
-9.7%
-9875円
-11.4%
-13332円
-12.9%
-17031円
ピタでん
使った分だけ
-2.5%
-1131円
-11.9%
-12134円
-13.7%
-16107円
-15.2%
-20358円

 両社とも基本料金0円ですが、電気料金の単価があしたでんきが1kWhあたり22.0円に対し、ピタ電は21.59円なのでその分ピタ電の方が安いです。


 あしたでんきも関西電力エリアで「最安値水準」ですが、ピタ電はそれを上回ります。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
あしたでんき
標準プラン
+4.8%
+2234円
-6.0%
-6398円
-7.6%
-9283円
-9.0%
-12369円
ピタでん
使った分だけ
+2.9%
+1356円
-7.8%
-8194円
-9.3%
-11300円
-10.6%
-14623円

 両社とも基本料金0円ですが、電気料金の単価があしたでんきが1kWhあたり24.0円に対し、ピタ電は23.57円なのでその分ピタ電の方が安いです。


 あしたでんきも中国エリアで「最安値水準」ですが、ピタ電はそれを上回ります。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
あしたでんき
標準プラン
+1.8%
+813円
-4.6%
-4606円
-8.3%
-9749円
-11.1%
-15002円
ピタでん
使った分だけ
+0.3%
+120円
-6.0%
-6026円
-9.6%
-11344円
-12.4%
-16785円

 両社とも基本料金0円ですが、電気料金の単価があしたでんきが1kWhあたり23.0円に対し、ピタ電は22.66円なのでその分ピタ電の方が安いです。


 あしたでんきも九州電力エリアで「最安値水準」ですが、ピタ電はそれを上回ります。


 ピタでんには「使いたい放題」というプランもありますが、このプランは一般家庭の平均的な使用量では大手電力会社よりも割高となるため、ここでは割愛します。


 あしたでんきについても「たっぷりプラン」というプランがありますが、やはり標準的な使用量の家庭では「標準プラン」の方が安いです。


サービスの違い


あしたでんき ピタでん
初期費用 無し 無し
解約時の違約金 無し 1年内の解約で2200円
見える化 あり
データ更新は数時間遅れ
あり
データ更新は数時間遅れ
付帯サービス 無し 無し
支払い方法 クレジットカード クレジットカード

 両社とも付帯サービスは「見える化」のみです。ウェブでログインすると自宅の電気使用量をグラフで確認できるので、家電製品の使い方を見直すのに役立ちます。


あしたでんきの「見える化」

あしたでんきの「見える化」グラフ

 あしたでんきとピタでんの最大の違いは、解約時の違約金の有無です。違約金が無いあしたでんきに対し、ピタでんには違約金の設定があります。違約金に不安のある人は、あしたでんきがおすすめです。


環境・エコは?


CO2排出量 あしたでんき ピタでん
2020年度 464g 513g
2019年度 436g 527g
2018年度 766g 513g
2017年度 727g 513g
2016年度 データなし 467g

 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。


 19年度以降、あしたでんきが数値を一気に改善しています。18年度以前は新電力としてはかなり悪い値でしたが、19年度以降はピタでんよりCO2排出量が少なく、新電力としても平均的といえる値に改善されています。


 ピタでんについては、新電力としては平均的といえる水準です。


特徴をまとめると・・


 最後に、2社の特徴をまとめます。


あしたでんき


 東京電力系の新電力です。ピタでんと比較すると電気代は「若干」高いものの、新電力としては各地で「最安水準」の料金プランです。


 解約時の違約金発生が無い点でピタでんよりも契約しやすいと思います。


ピタでん


 新電力大手のF-Power社の家庭向けサービスです。電気料金はあしたでんきを抑えて各地で「最安水準」を実現、電気代の安さでは圧倒的と言えます。


 1年以内の解約で2千円の違約金が発生する点には注意が必要ですが、2〜3ヶ月利用して違約金を払って解約しても、大手電力会社と比較して「トントン」になります。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A