CDエナジーと楽天でんきの比較 | 電気代が本当に安いのは

広告

CDエナジーと楽天でんきの多方面比較


 CDエナジーと楽天でんき。電気代が本当に安いのはどちらなのか。世帯人数別の平均使用条件での料金比較や、2社のサービスの違いも詳しく比較します。



CDエナジーと楽天でんきの比較


  CDエナジーと楽天でんき、何が違うのかあらゆる角度から比較していきます。


料金プランの比較 どちらが安い?


 まずは料金プランを、世帯人数ごとの平均使用量で東京電力エナジーパートナーの標準メニュー(スタンダードS)と料金比較します(2024年7月分の燃料費調整額・料金、ポイント還元含む、同額の再エネ賦課金・政府電気代補助金は含まない)


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
CDエナジー
ベーシックでんきB
-1888円 -6667円 -9366円 -12221円
CDエナジー
シングルでんき
20A契約不可 -2522円 -2862円 -3210円
CDエナジー
ファミリーでんき
+54157円 -6105円 -9268円 -12621円
楽天でんき
電気料金一括シミュレーションに掲載

 楽天でんきは市場連動型プランといって、電力取引価格の変動を電気代に転嫁する特殊な料金体系を採用しています。CDエナジーや東京電力、東京ガスなどとは異なる値動きをするため、詳細な料金は当サイトの電気料金一括シミュレーションで確認してください。毎月変動する単価を反映した試算を提供しています。


 2024年2月の調整単価をふまえた料金比較では、上記いずれの使用条件でもCDエナジーの方が電気代が安いです(CDエナジーのベーシックでんきプラン)


 楽天でんきはCDエナジーより高いだけでなく、東京電力の標準メニューと比較しても大幅に割高になっているので注意してください(2024年2月分調整単価) 4人世帯の平均使用条件で年間約4万円も割高です。東電より安いCDエナジーの方が安いことは言うまでもないことです。


CDエナジーダイレクトの公式サイト 楽天でんき公式サイト

サービスの比較


CDエナジー 楽天でんき
初期費用 無し 無し
解約時の違約金 ベーシック、シングル
ファミリープランなどは解約違約金無し
無し
見える化 あり あり
付帯サービス 無し 無し
支払い方法 クレジットカード
口座振替
クレジットカード

 CDエナジーは吉本興業などの映像サービスなどが付帯するプランでは解約違約金の設定がありますが、ベーシック・シングル・ファミリーなどの基本的な料金メニューでは解約違約金はありません。


 2社とも目立った付帯サービスは無く、サービス面で大きな差は無いと言えます。


楽天でんきの「見える化」

楽天でんきの「見える化」

 電気使用量をウェブで確認できる「見える化」に関しては、シンプルだが情報反映が早い(数時間遅れ)の楽天でんきと、高機能だが情報反映が遅い(1日1回まとめて)のCDエナジーという違いがあります。


 定量的な違いではないので一感想として付け加えると、顧客対応に関しては楽天でんきよりもCDエナジーの方が質が高いと、実際に2社とも利用した経験をふまえて感じます。CDエナジーの方は大阪ガスの子会社で事務処理を行っているようで、問い合わせにも丁寧に対応しています。


 楽天でんきの方は良くも悪くもIT企業っぽい対応で、メールでの問い合わせにも定型文で返信をして来ることがあり、込み入った内容の問い合わせをした際に質問の趣旨とズレた回答が返ってきたことがあります。対応が全くもって悪いというわけではありません。


CDエナジーダイレクトの公式サイト 楽天でんき公式サイト

環境・エコの比較


 電力会社によって、電気をつくる際のCO2排出量などに大きな差があります。2社の環境負荷を数値で比較します。


CO2排出量 CDエナジー 楽天でんき
2022年度 319g 423g
2021年度 361g 423g
2020年度 432g 534g
2019年度 432g 534g
2018年度 430g 512g

 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。


 上記のいずれの年度においても、楽天よりCDエナジーの方がCO2排出量が少なく、環境負荷が小さいと評価できます。CDエナジーは他の新電力と比較しても、CO2排出量が少ないと評価できる水準です(特に2022年度)


 楽天でんきに関しても、21・22年度の水準であれば特に排出量が多いわけでもなく、良好な水準です。


CDエナジーダイレクトの公式サイト 楽天でんき公式サイト

それぞれの特徴・ちがい


 最後に、2社の特徴をまとめます。


CDエナジーの特徴


CDエナジーダイレクトの契約書面

契約後に届く書面

 中部電力と大阪ガスが共同で設立し、首都圏で電気やガスなどの販売を行っている会社です。


 楽天でんきと電気料金を比較すると、記事執筆時点での直近1年以上の傾向としてCDエナジーの方が電気代が大幅に安いです(ベーシックでんきプラン)


 「見える化」の機能が充実している点と、顧客対応の質が高い点、環境負荷が小さい点でも楽天でんきよりCDエナジーの方が優れていると言えます。


 電気の申し込みで千円分のポイントがもらえるキャンペーンを2024年7月31日まで実施しています。公式サイトからの申し込み限定です。
 加えて公式LINEとマイページ(カテエネ)に登録すると千円分のポイントがもらえるキャンペーンを実施しています(実施期限無し) いずれも登録費用などは掛かりません。


CDエナジーダイレクトの公式サイト

楽天でんきの特徴


楽天グループ本社

楽天グループ本社

 2022年から電気代が高額に推移しており、CDエナジーと比較して電気代が高いのはもちろん、東京電力と比較しても大幅に高い状況が続いており、現在は利用を推奨することが難しいです。


 「見える化」のデータ反映が早く、数時間遅れで実績値が反映される点は実際に利用してみて良い点だと思いました。CDエナジーを含め他社の見える化はデータの反映が1日1回のところが多いですが、昨日の特定の時間帯に家で何をしていたかなど思い出すのは至難の業なので、数時間遅れで反映される楽天でんきの方が使い勝手は良いと思います。


 電気の新規契約5千円分のポイントが付与されるキャンペーンを2024年8月2日9時59分まで実施しています。適用には新規契約など諸条件があるので詳細は公式サイトで確認してください。


楽天でんき公式サイト



関連記事

電力自由化とは? 停電のリスクは?
乗り換えでいくら安くなるの? 乗り換えで料金が値上がりするケース
新電力とは?

どうやって契約するの? 乗り換えのメリット・デメリット
乗り換えにかかる初期費用 乗り換えに工事は必要?
賃貸住宅でも乗り換えられるの? 解約する時の違約金は?
安くなる理由 電気の調達は?


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

電力自由化Q&A

項目別おすすめ

人気の電力会社