大阪ガスとNUROでんきの比較

大阪ガスの電気とNUROでんきの比較


 関西の新電力としては圧倒的な契約数をほこる大阪ガスの電気と、実は大阪ガスが供給しているNUROでんきを、電力自由化の専門家としてこれまでに多数のメディア取材を受けてきた私が分かりやすく解説します。



大阪ガスとNUROでんきの比較


  大阪ガスとNUROでんき、何が違うのかあらゆる角度から比較していきます。


料金プランの比較 どちらが安い?


 関西電力の標準的なプランである「従量電灯A」と比較して、年間いくらお得になるのか。世帯人数ごとの平均使用量で試算した結果を紹介します。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
大阪ガス
ガスとのセット割
-2.6%
-1158円
-4.5%
-4610円
-4.4%
-5122円
-4.2%
-5602円
大阪ガス
スタイルプランP
+6.2%
+2782円
-0.8%
-840円
-1.2%
-1399円
-1.1%
-1399円
NUROでんき
通信セットプラン
-2.8%
-1260円
-5.0%
-5033円
-4.8%
-5601円
-4.2%
-5601円

 1〜3人世帯ではNURO電気の方が安く、4人世帯では大ガスの方が安いです。


 なお、「大ガスのスタイルプランP」は電気を契約するとAmazonプライム会員の会員権が付いてくるというものですが、標準的なプランにプライム会員の会費がほぼ定額で上乗せされています。


NURO公式サイト 大阪ガス公式サイト

サービスの違い


 続いて、サービス内容を比較します。


大阪ガス NUROでんき
初期費用 無し 無し
解約時の違約金 無し
Amazonプランなどはアリ
無し
付帯サービス 特に無し 無し
支払い方法 口座振替、クレジットカードなど 口座振替、クレジットカード

 両者とも特に目立った付帯サービスなどはありません。


環境・エコは?


 環境負荷の違いを比較します。


CO2排出量 大阪ガス NUROでんき
2019年度 403g 403g
2018年度 403g 403g(関西)
2017年度 389g 389g(関西)
2016年度 385g 385g(関西)

 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。


 そもそもNUROでんきは関西では大阪ガスが電気を供給しているので、大ガスと契約しても同じ電気が届くわけで、環境負荷にも差はありません。


 大ガスの電気は新電力としてはCO2排出量が少ないと言えるもので、環境負荷が小さいと言えます。


特徴をまとめると・・


 最後に、2社の特徴をまとめます。


大阪ガス


 関西の新電力としては圧倒的な契約数をほこっています。電気料金の水準としては、ガスとのセット契約の場合でも関西の新電力としては「やや高い」水準ですが、NUROでんきとの比較では4人以上の世帯ではお得です。


大阪ガス公式サイト

NUROでんき



 大阪ガスが電気を供給しているので、中身は「大ガスの電気」ですが料金プランは大きく異なります。1〜3人世帯では大ガスのガスセット契約よりも割安です。


NURO公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A